ニュース
» 2021年04月15日 19時30分 公開

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅(1/2 ページ)

昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。

[新田浩之ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2021年3月、国鉄型特急車両「185系電車」(関連記事)が定期運行を終了。また1つ昭和・国鉄時代の名車が惜しまれながら引退しました。社会に目を向けてもここ1年、私たちの日常生活、特に「移動」の状況も大きく急速に変わっています。

photo “カラーテレビ”が設置された、その名も「テレビカー」。京阪電車の名物だった

 移り変わりが激しくますます昭和が遠くなっていく今日この頃ですが、日本には昭和が残る鉄道路線がまだまだ残っています。今回は大阪と京都を結び、激動のあの時代にユニークな電車を送り続けた京阪電気鉄道で愛でる「昭和」をお届けします。

(※本取材は2021年3月緊急事態宣言解除後、2021年4月大阪府・兵庫県のまん延防止等重点措置実施前に感染症対策を施して実施しました。2021年4月13日現在、大阪府・兵庫県、東京都、沖縄県、宮城県でまん延防止等重点措置が実施されています。新型コロナウイルス感染症、Go To事業、交通機関運行状況などに関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で告知されている情報、事業者各社の情報も併せてご確認ください)

高度経済成長期の申し子、豪快すぎる“座席昇降”ギミック「5000系電車」 引退間際の勇姿をぜひ

 昭和時代、とりわけ高度経済成長期の風物詩といえば「ギュウギュウ詰めの満員電車」。そんな高度経済成長期に登場し、活躍したのが5扉車の「5000系」です。

photo 角ばったスタイルが特長の5000系

 5000系は1970(昭和45)年に登場した日本初の本格的な多扉車です。当時、京阪本線でもラッシュ時の混雑が深刻化していました。しかし当時の電圧は600Vで、8両編成にするにも難しい状態。「両数を増やせないならば、扉の数を増やそう」ということで、5000系はピンチに登場する中継ぎ投手のような役割を果たしました。

 そんな5000系はまだ現役で元気に活躍しています(2021年4月現在)。京阪電車では珍しい四角いお顔が今ではユーモラスに映ります。電車に詳しくなくても「四角い顔」か「5つ扉」を覚えておけばすぐに「5000系だ!」と分かります。

 5000系の最大の特長は片側に5つ扉があることです。しかしそのうち2つの扉は閉まったままです。座席を昇降することにより、朝ラッシュ時間帯は5扉で、それ以外の時間帯は3扉で運行する超器用な電車なのです。残念ながら5扉での運用は2021年1月29日で終了し、現在は3扉車として運行されています。

 車内は通勤電車らしくロングシートです。なぜかドアの前にも座席があります。ラッシュ時はこの座席が上がって収納され、扉も使えるようになります。「ウィーン」音とともに2扉分のロングシートが“座席ごと”昇降する様子はなかなかシュールな光景でした。この仕組みを考え、実現させた技術者に本当に脱帽します。

photo 片側に5つ扉がある5000系。現在は3扉車として運行されている
photo 一見、普通のロングシート車両に見えるが……
photo 座席に昇降機構があり、ラッシュ時は「ロングシートの座席ごと上げて」乗員数と乗り降り手段を確保する。豪快な仕組みだ

 5000系は時代の流れで廃車が進み、現在は1編成しか残っていません(2021年4月現在)。

 そして……5000系は、2021年6月に完全引退する予定となっています。

 5000系が廃車となる理由として挙げられるのがホームドアです。5000系はその特殊形状がゆえ、ホームドアと位置が合いません。

 令和時代に必須とされる主要駅のホームドア設備により、昭和な高度経済成長期の電車は適合できずに引退する……。時代の流れを感じずにはいられません。

 今回は乗った5000系は「区間急行 萱島行き」。区間急行は京橋を出発すると守口市まで止まりません。過去に何回か乗ったのは全て普通列車。区間急行として複々線区間を時速90キロで疾走する様子はとても頼もしいものでした。

photo 「5000系の引退記念ヘッドマーク」は2021年6月までに掲出される

京阪らしい(!?)誇らしげな昭和の珍装備「回転グリル」

 5000系の車内を見回すと、天井に不思議な丸型の装置を見つけました。

photo 車内に設置されていた「回転グリル」。中央には「京阪の社章」

 これは「回転グリル」という装置。簡単に言ってしまえば送風機です。暑い時期になると「回転グリル」自体がグルグル回り出します。5000系は全車冷房車ですが、クーラーの冷気を車内に満遍なく届けるためにありました。

 回転グリルの真ん中には「京阪の社章」が誇らしげに取り付けられていました。機能としてはよくある扇風機でいいのかもしれませんが、このあたりのセンスが「京阪らしいなあ」と思うのです。なお回転グリルは5000系のほかに2200系などにも設置されています。

photo 2200系などにも「回転グリル」が備わる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」