ニュース
» 2021年04月13日 16時58分 公開

「ハンドドライヤー」利用OKに 経団連の感染予防対策ガイドライン改訂

利用停止から「適切な清掃方法により定期的に清掃されていることを確認する」と変更。

[ねとらぼ]

 日本経済団体連合会は4月13日、「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を改訂したと発表しました。新版ではトイレの「ハンドドライヤー利用停止」が削除されています。

現在、多くの施設で利用停止になっているハンドドライヤー

 同ガイドラインは2020年5月に「オフィス」と「製造事業場」に向けに作成されたもの。同年12月に一度改訂され、今回は2度目の改訂となります。

 これまではトイレの感染予防対策として「ハンドドライヤーは利用を止め」と記載されていました。再訂により「ハンドドライヤー設備は、メンテナンスや清掃等の契約等を確認し、アルコール消毒その他適切な清掃方法により定期的に清掃されていることを確認する」と変更されています。

改訂前
改訂後

 ハンドドライヤー利用停止の削除について、同団体は「オフィスや製造事業場といった、基本的に有症者がいない管理された場所のトイレでのハンドドライヤーの利用での感染リスクは限定されること」「ハンドドライヤーの利用で発生する水滴、マイクロ飛沫による感染リスクが極めて小さいこと」が複数の実験と数値流体シミュレーションを組合せて確認できたと説明しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.