ニュース
» 2021年04月13日 17時52分 公開

西武園ゆうえんちが5月19日昭和レトロ風にリニューアル ゴジラのライドや手塚キャラのファミリーエリアが登場

1960年代へタイムスリップ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)のグランドオープンが、5月19日に決定。昭和のムードあふれる商店街にゴジラや手塚治虫キャラが集まる、レトロな空間に生まれ変わります。


西武園ゆうえんち 娯楽の花形だった映画館をシンボルに、園内全体を1960年代風に改装

 30の店舗が建ち並ぶ「夕日の丘商店街」を軸に、園内を1960年代の町並風にリニューアル。

 ときには道案内のおまわりさんが突然泥棒をパルクールで追いかけるなど、ゲストを巻き込んでのライブパフォーマンスが繰り広げられるとのことです。


西武園ゆうえんち クラシカルな泥棒とおまわりさんのチェイス

 町のシンボルでもある映画館「夕陽館」には、ゴジラのアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が登場。映画監督の山崎貴さんと、テーマパークの設計を手がける会社「刀」のコラボで、ゴジラとキングギドラなど巨大生物の激闘が展開されます。


西武園ゆうえんち ゲストは、特殊災害対策部隊「特災対」の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちが戦う真っただ中へ TM&(C)TOHO CO., LTD.

 商店街の外には、ファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」が設けられ、『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターがお出迎え。ジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド「飛べ!ジャングルの勇者レオ」といった、6つの体験が用意されています。


西武園ゆうえんち アトムやウラン、レオやライナが登場 (C)TEZUKA PRODUCTIONS

 肖像にレオと父親のパンジャを用いた園内通貨「拾園(じゅうせいぶえん)」「百園(ひゃくせいぶえん)」による買い物体験も。昔ながらのオムレツやコロッケを味わったり、米屋で買った米を目の前でポン菓子にしたり、珍しい体験に使えます。


西武園ゆうえんち 拾園はレオ、百園はパンジャ

西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち フードまで懐かしい

 グランドオープン後の西武園ゆうえんちは、平日は10時から17時まで、休日は10時から19時まで営業(日によって変動、不定休)。料金はフリーパス制で、大人(中学生以上)は4400円、子ども(3歳〜小学生)は3300円、3歳未満無料です。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち 大観覧車やメリーゴーラウンドなども健在

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声