ニュース
» 2021年04月13日 17時52分 公開

西武園ゆうえんちが5月19日昭和レトロ風にリニューアル ゴジラのライドや手塚キャラのファミリーエリアが登場

1960年代へタイムスリップ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)のグランドオープンが、5月19日に決定。昭和のムードあふれる商店街にゴジラや手塚治虫キャラが集まる、レトロな空間に生まれ変わります。


西武園ゆうえんち 娯楽の花形だった映画館をシンボルに、園内全体を1960年代風に改装

 30の店舗が建ち並ぶ「夕日の丘商店街」を軸に、園内を1960年代の町並風にリニューアル。

 ときには道案内のおまわりさんが突然泥棒をパルクールで追いかけるなど、ゲストを巻き込んでのライブパフォーマンスが繰り広げられるとのことです。


西武園ゆうえんち クラシカルな泥棒とおまわりさんのチェイス

 町のシンボルでもある映画館「夕陽館」には、ゴジラのアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が登場。映画監督の山崎貴さんと、テーマパークの設計を手がける会社「刀」のコラボで、ゴジラとキングギドラなど巨大生物の激闘が展開されます。


西武園ゆうえんち ゲストは、特殊災害対策部隊「特災対」の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちが戦う真っただ中へ TM&(C)TOHO CO., LTD.

 商店街の外には、ファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」が設けられ、『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターがお出迎え。ジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド「飛べ!ジャングルの勇者レオ」といった、6つの体験が用意されています。


西武園ゆうえんち アトムやウラン、レオやライナが登場 (C)TEZUKA PRODUCTIONS

 肖像にレオと父親のパンジャを用いた園内通貨「拾園(じゅうせいぶえん)」「百園(ひゃくせいぶえん)」による買い物体験も。昔ながらのオムレツやコロッケを味わったり、米屋で買った米を目の前でポン菓子にしたり、珍しい体験に使えます。


西武園ゆうえんち 拾園はレオ、百園はパンジャ

西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち フードまで懐かしい

 グランドオープン後の西武園ゆうえんちは、平日は10時から17時まで、休日は10時から19時まで営業(日によって変動、不定休)。料金はフリーパス制で、大人(中学生以上)は4400円、子ども(3歳〜小学生)は3300円、3歳未満無料です。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち 大観覧車やメリーゴーラウンドなども健在

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10