ニュース
» 2021年04月14日 09時30分 公開

PS5、初の大型アプデを配信 PS4とのシェアプレイが可能に、USBストレージへのソフト保存機能も

「PS5のゲームをPS4で試してみたりすることも可能です。」

[ねとらぼ]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは4月14日より、プレイステーション 5(PS5)初となる大型アップデートを配信します。USB拡張ストレージにPS5用タイトルを一時保存できるようになるほか、PS4と世代を超えたシェアプレイが可能になります。



 今回のアップデートにより、これまで本体ストレージにのみ保存できたPS5用ソフトウェアをUSB拡張ストレージへと移行できるように。USBに保存されたゲームをそのまま遊ぶことはできませんが、再度ダウンロードするよりも素早くインストールすることが可能です。

 さらにPS4とのシェアプレイも実装されます。シェアプレイとは、他のユーザーにゲーム画面を共有して観戦や協力プレイを楽しめる機能。公式発表によれば「PS5のユーザーが自分のゲーム画面をPS4のフレンドにリアルタイムで共有したり、PS5のゲームをPS4で試してみたりすることも可能」とのことです。




 その他、通話機能を使用している際にプレイヤーごとの音量調整ができるようになったり、トロフィー獲得状況のサマリーが見られるようになったりと、細かい機能改善が施されます。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.