ニュース
» 2021年04月16日 19時00分 公開

「大正ロマン」「昭和レトロ」の次は? 「平成サイバー」「平成ポップ」など、平成文化を表す「平成○○」の議論が盛り上がる(1/2 ページ)

「平成レトロ」から派生していろいろな案が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 明治モダン、大正ロマン、昭和レトロのように、平成時代の文化を一口で表すとしたら何が良いか? 「平成サイバー」と「平成ポップ」を提案するデザイン画が議論を呼んでいます。



平成サイバー PC普及初期のような「平成サイバー」。平成も30年強と長いので、これが全てではないものの、その一面ではある

平成ポップ 1990年前後のアニメを思わせる「平成ポップ」。南家こうじ感ありますね

大正ロマン 同じ作者による大正ロマン

昭和レトロ 同じく昭和レトロ

 話題のデザインは、宮端巳代治(@38miyoji)さんが制作したもの。「平成サイバー」はWindows 95が登場したPC普及期、「平成ポップ」は「らんま1/2」など1990年前後のアニメを思わせるイメージに仕上げています。

 もともとは2019年に投稿したデザイン画。2年前の案が今になって再投稿されたのは、「羽鳥慎一モーニングショー」の4月14日放送回がきっかけ。番組内で「平成初期の流行が『平成レトロ』と呼ばれ若者の間でブーム」と紹介されたことから、当日は「平成レトロ」がTwitterのトレンドに入りました。


 これに対し、昭和レトロの次まで「平成レトロ」としなくとも、ほかに妥当な言葉があるのでは? と、宮端さんはあらためて提起。ツイートは「平成ポップいいね」「平成サイバーの微妙なダサさがいかにも90年代」「ポップはむしろ昭和末期感あるのでサイバーのほうがしっくりくる」などと話題を呼びました。中には「平成テクノもいいかもしれない」「平成はノスタルジーの時代でもあった」など、別の案も寄せられています。

 ちなみに、「平成レトロ」はもともと平成文化研究家の山下メロさんが提唱した、1980年代末期から1990年代前半のバブル経済期独特の文化や庶民風俗を指す言葉。山下さんは番組の放送に際し「平成レトロが、親の手から離れて独り立ちしたな……という印象」とコメント。「平成レトロ」のネーミングに対する否定的な意見についても、「平成と向き合うきっかけになれば当初の目的を果たしたといえる」としています。



画像提供:宮端巳代治(@38miyoji)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響