ニュース
» 2021年04月17日 13時10分 公開

元競走馬「ナイスネイチャ」のバースデードネーション、1300万円以上集まる

ウマ娘の影響なのか、かなりのペースで寄付が集まっています。

[ねとらぼ]

 引退した競走馬をサポートしているNPO法人「引退馬協会」が、元競走馬「ナイスネイチャ」の誕生日に寄付を募る「バーステードネーション」実施しています。4月16日に開始し、当日に目標額の200万円を達成。寄付はさらに増えて、1000万円を超えています。

寄付の告知

 バーステードネーションは、誕生日にお祝いのプレゼントを贈る代わりに、その人が支援している団体に寄付をするというキャンペーン。ナイスネイチャのバーステードネーションは今回で5回目となります。寄付は500円から可能で、5月17日まで受け付け。

 集まった寄付は、引退した繁殖馬をホーストラスト(引退馬が暮らす牧場)に預託するために使用する予定。4月16日に寄付の受付を開始した際は、2頭分として200万円を目標としていました。この目標が即日達成されたため、目標を3頭分の300万円に引き上げることに。その後も寄付は増えており、17日昼の時点では1300万円を超えています。

1300万円以上が集まる(ドネーションのページから)

 ちなみに前回のバーステードネーションでは、1カ月間で170万円超集まりました。「ウマ娘」人気の影響か、今年はかなり速いペースで寄付が集まっているようです。

 ナイスネイチャは1991年から有馬記念で3年連続3着の記録を残し、JRAのワイド馬券のキャラクターにも起用。今年で33歳(人間で言うと93歳くらい)で、生まれ故郷の北海道の牧場で余生を送っています。

初掲載時、前回の寄付額を「1700万円」としていましたが、正しくは「170万円」でした。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.