ニュース
» 2021年04月18日 22時00分 公開

ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい(1/2 ページ)

“命”の重みを感じてほしい。

[かのん,ねとらぼ]

 ごみとともに捨てられて……。保護猫をおうちに迎えるまでを描いた漫画シリーズ「うずら物語」(全5話)が、デザイナーのAYAさんのInstagram(@ayatra_illust.design)で紹介されています。

 AYAさんの愛猫「うずら」ちゃんは、元保護猫さん。とてもお利口さんで性格も穏やか、見た目もふんわりとしてかわいい女の子です。

猫 家に来たばかりの頃は、荒れていました

 しかしおうちに迎えたばかりの頃は、人間の食べ物をパックごと破って食べるなど荒れていたのです。その原因は、うずらちゃんの過酷な生い立ちによるものでした……。

 うずらちゃんが保護されたときに見つかった場所は、あるラーメン店の“捨てられたごみ袋の中”。

猫 ごみ袋の中はひどい状態

 業務用の粘着式ゴキブリ駆除用品に、他のきょうだい猫たちと貼りついた状態で見つかったそうです。

猫 きょうだい猫6匹中、3匹はお空に……

 AYAさんの知人で、保護活動をしているアビさん夫妻に救われたうずらちゃんたち。悪臭を放つごみ袋に手を入れ、ベトベトの子猫たちを1匹ずつ助け出す、それをちゅうちょなくできる情の深いアビさんに出会えたことは、うずらちゃんにとっては奇跡だったといえるのかもしれません。

 漫画では「ゴミ袋での発見時に3匹は死んでいた」と描かれていますが、後にAYAさんがアビさんに確認したところ、「3匹は救出後にミルクを飲みながらお空に旅立った」と分かったとのこと。AYAさんは「あたたかな人の手の中、お腹が満たされながらのお空への旅立ちは、3匹にとってせめてもの救いだったのではないかと思います」と語ってくれました。

猫 先住猫が大丈夫そうなら、子猫を引き取ることを決意

 そして後日、さらに1匹お空へと帰ってしまい、残ったのは2匹のきょうだい子猫。この出来事を知り、子猫をおうちに迎えたい! と強く思ったAYAさん。ただ、先住猫であるタロくんとの相性や経済的なこともあり、迎えられても1匹のみ……それでも良ければお願いしたいとアビさんに連絡、快く了承してもらえました。

 病院での検査などが終わるのを待っていた数日後、アビさんから連絡が入り、また1匹お空へ行ってしまったと……残った1匹の子猫をおうちに迎えることになりました。その子がうずらちゃんでした。

 うずらちゃんをお迎えに行き、はじめてその手の平に乗せたときは、軽い体から“命の重み”を感じたというAYAさん。どんなに小さくても、確かにここに生きている。その命がないがしろにされる現状にがくぜんとします。

 おうちに連れ帰り、1番心配だったタロくんの反応も良かったため、うずらちゃんを正式に家族に迎えることができました。はじめは野良の頃と同じように、食べ物を確保することへの執着は強かったそうですが、今ではすっかり穏やかな“家猫”になったそうです。

猫 無事に迎えるも、大変なことも

 “命”を育てていくのは、とても責任の重たいこと。かわいいだけじゃなく、病気やケガなど、大変なこともあります。それでもAYAさんは、「この先もずっとこの命に責任を持つ!」という決意を胸にうずらちゃんを迎えたからこそ、今の幸せな生活があるのですね。

 毎日「うーちゃん生きてる! 幸せ! 最高!」と思えるくらい、うずらちゃんを迎えて良かったと思っているというAYAさん。それはきっとうずらちゃんも同じ、素敵なおうちに迎えられ、毎日「飼い主最高! 私幸せ!」と思っているのではないでしょうか。

猫 生きててくれてありがとう!

 うずらちゃんの生い立ちはショッキングで、こんなことが世の中で起こっているの? と悲しみと憤りを覚えます。しかしこのようなケースは「珍しいことではなく、今日もどこかで誰かの手によって救われる命もあり、誰にも知られず亡くなる子達がいます」と語るAYAさん。

 自ら保護猫2匹をおうちに迎え、保護活動をしていたこともあるAYAさんの言葉は重く、この漫画が「ほんの少しでも野良猫たちの不幸な境遇に目を向けていただける一助になるなら幸いです!」と結んでいます。

猫 うずらちゃんを受け入れたタロ先輩
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声