ニュース
» 2021年04月18日 20時00分 公開

妊娠期間は20カ月!? 異星人と結婚した妊婦の日常描いた漫画『異星人の子を授かりまして。』がファンタジーだけどなんだかリアル(1/2 ページ)

「生まれるまでつわり」とハードだけどサポートは手厚い……!

[ねとらぼ]

 異星人との結婚が盛んな世界を舞台に、異星人との間に子どもを授かった地球人女性の視点で描かれるコミックエッセイ風漫画『異星人の子を授かりまして。』(著者:まるかわ)の単行本が発売されました。

妊娠期間が20カ月!?

 舞台は「昭和初期から異星人と交流がある」架空の地球の2030年。国際結婚ならぬ星際結婚ブームの中で、主人公のミチは「オロエレ星人」の夫・ヴッさんと結婚して子どもを授かります。

 しかし地球人同士とは事情が異なり、妊娠期間はオロエレ星人と同じ20カ月で、つわりも産むまで続くというのです。しかもオロエレ星では「つわりが重いほどいい子ども」という風潮で、つわりが重くなるよう家族がお祈りしに来るなどカルチャーギャップにも戸惑います。つわりの吐瀉物は神聖なものとされており、夫の体にゲロをかけるという伝統儀式も……。

産むまでつわりが……

 大変なことばかりのようですが、つわりの時期を神聖とするオロエレ星ならではの「妊娠中は働かず、20カ月分の給料が助成金として出る」「神聖な時期に家事をしてはいけないため夫が全て家事をする」など手厚いサポートも。ヴッさんのサポートが神……。

オロエレ星ならではの便利なアイテムも

 漫画ではミチがオロエレ星の慣習や文化に戸惑ったり感激したりといった日常が描かれています。フィクションでありながら、「押しの強い姑」「実家の初孫フィーバー」などリアルさもあり、まるで実録エッセイ漫画を呼んでいる気分。Twitterでも「つわりのつらさとか妊娠出産にまつわる文化や価値観のギャップのすりあわせとか、ファンタジーなのにリアル」「ノリが完全に普通のマタニティエッセイなのがやばい」など反響を呼んでいます。

 同作は『コミッククリエ』で連載。作者のまるかわ(@marukawa81)さんのTwitterでは番外編も公開されています。

『異星人の子を授かりまして。』

(C)まるかわ/オーバーラップ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声