ニュース
» 2021年04月20日 19時40分 公開

「NFC」内蔵だと!?!? トミカがハイテク超進化「スーパースピードトミカ」登場 何かSUGEEEE!

スマホ連動の新世代トミカですよぉぉ。昭和世代涙の「ドライビングターボ」も!

[ねとらぼ]

 タカラトミーは4月20日、トミカ50周年の進化プロジェクト「トミカ アドバンスプロジェクト」を開始。トミカ初の「NFCチップ」を内蔵した新世代トミカの第1弾「スーパースピードトミカ」を2021年6月19日に発売します。

スーパースピードトミカ トミカがハイテク化! NFCチップを内蔵する進化型トミカ「スーパーハイスピードトミカ」(各1320円)
実況サウンド!デジタルアクセルサーキット

 第1弾ラインアップとして、NFCチップを搭載したスーパースピードトミカ4車種(GRスープラ、GT-R、シビックタイプR、WRX STI/各1320円 税込、以下同)と、デジタルラップカウンターとシューター付きコース「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(1万2100円)をセットで用意。専用アプリでスマホと連携し、NFCチップで走行データを記録。併せて実走行とリンクしたマシン限定の実況アナウンス音声やBGM、映像演出を楽しめます。

 ちなみにNFC(Near Field Communication)とは、最新スマートフォンやICカードに備わる近距離無線通信規格の1つ。「かざしてピッ」とする決済や認証、個体識別などに使われます。おぉぉ〜これがトミカに内蔵されるなんて、何かハイテク〜!

スーパースピードトミカ デジタルラップカウンターとシューター付きコース「トミカスピードウェイ 実況サウンド!デジタルアクセルサーキット」(1万2100円)
スーパースピードトミカ サーキット走行イメージ
スーパースピードトミカ レース内容と連動するアプリのCG映像
スーパースピードトミカ スマホアプリで、懐かしの「ドライビングターボ」(1983年)を再現したミニゲームも楽しめる。昭和のおじさん世代涙!

 スーパースピードトミカは、GRスープラ、GT-R、シビックタイプR、WRX STIと実在のスポーツカーをモデルに、デジタルアクセルサーキットをより速く走れるようにコーナーローラーを備えたチューンアップ版。既存の「GO!GO!アクセルサーキット」でも遊べるよう、デジタルアクセルサーキットと同じデジタル仕様にする単品「デジタルラップカウンター」(4950円)もタカラトミーモールで用意します。

スーパースピードトミカ スーパースピードトミカ SST-01 TEAM TSR TOYOTA GR SUPRA[PROJECT-α]
スーパースピードトミカ スーパースピードトミカ SST-02 TEAM SHINOBI NISSAN GT-R[翔EDITION]
スーパースピードトミカ スーパースピードトミカ SST-03 TEAM WING Honda CIVIC TYPE R[concept Eagle]
スーパースピードトミカ SST-04 TEAM MONSTER SUBARU WRX STI[T-REX CUSTOM]
スーパースピードトミカ 単品の「デジタルラップカウンター」(4950円)も用意

 発売は2021年6月19日。トミカショップなどの玩具店、公式直販サイトのタカラトミーモールなどで販売します。

(c)TOMY

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10