ニュース
» 2021年04月21日 20時00分 公開

実録漫画「新型コロナにかかった話」に反響 感染して初めて気付く“元の生活に戻れない辛さ”(1/2 ページ)

しっかり休むことも大事。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新型コロナウイルスに感染し、著しく消耗した経験を描く漫画が注目を集めています。あくまでも作者のaster(@aster_666)さん個人のケースではありますが、ひとごとではないと自省するうえで大切なお話。


アイキャッチ 作者は軽症でしたが、それでも大変なことに


 3月下旬から体調不良をうったえていたasterさんは、新型コロナウイルス陽性と診断され、隔離状態になりました。症状は軽度ながら、高熱と微熱の行ったり来たりが続くこと5日間。ホテル療養を経て現在(執筆当時)は自宅で安静にしています。


1P

 普段からマスク着用やうがい手洗いを怠らず、会食の類もせず、通勤も自転車で済む距離で、感染源に心当たりはなかったとのこと。にもかかわらず感染したのは、自身の不摂生で免疫力が落ちていたせいかもしれないと、asterさんは悔やみます。


2P

 後悔の思いを強めるのは、自宅に戻ってからも続く体調不良。体力がなかなか戻らず、軽く出歩くだけでも貧血が起こったり、入浴中にめまいと倦怠感で動けなくなったり、とても疲れやすくなってしまったといいます。熱に浮かされながら隔離生活を送っていたのですから、体力が落ちるのも仕方ないところですが、だとしてもダメージが大きい……。


3P

 過去にかかったインフルエンザや肺炎でもここまで弱ったことはなく、新型コロナウイルス感染症の怖さを実感したというasterさん。今は身体を休めつつ適度に運動するなど、元の生活に戻れるよう前向きに過ごしています。

 漫画にはいたわりの言葉や、「軽度でもこれほど消耗するとは、自分も気を引き締めなくては」と自戒する声など、多数の反応がありました。「自分も感染源不明で感染しましたが、思えば睡眠不足でした」「私も治ってから半年経っていまだに体力が戻らない」など、同様の体験談も寄せられています。

作品提供:aster(@aster_666)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる