ニュース
» 2021年04月21日 18時38分 公開

任天堂、コロプラへの損害賠償請求額を49億5000万円から96億9900万円へと増額 特許侵害訴訟で

「白猫プロジェクト」をめぐる特許侵害訴訟で。

[ねとらぼ]

 コロプラは4月21日、任天堂と係争中の訴訟について、任天堂からの損害賠償請求金額が当初の約2倍に変更されたことを明らかにしました

 請求金額は49億5000万円(および遅延損害金)から96億9900万円(および遅延損害金)に増額。変更の理由はの提起後の時間経過等による追加。

 訴訟は2018年に、任天堂がコロプラの「白猫プロジェクト」に特許権を侵害されたとして起こしたもの。当初の請求金額は44億円でしたが、2021年2月に時間経過を理由に49億5000万円に増額されていました。

 コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針です」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10