ニュース
» 2021年04月24日 12時10分 公開

「人力で空間をひん曲げております」 “バグったタヌキの置物”の立体アートが思わず二度見するかっこよさ(1/2 ページ)

サイバーパンクたぬき。

[宮原れい,ねとらぼ]

 画面がバグったのかと思ってしまう“たぬきの置物”のかっこよさが話題になっています。現実に存在しているのか疑いたくなるバーチャル感……!



 デザイナーでクマ作家の中谷健一(@aro999jp)さんが、発泡ウレタンで制作した「信楽焼のたぬきの置物」風の立体作品。その名も「グリッチタヌキ」。画像がエラーで乱れた時のような、いわゆるグリッチ表現を人力で生み出しています。


乱れ 画像 人力 再現 グリッチ タヌキ 彫刻 作品 造形 画像加工かと思ったら立体作品でした……!

 輪切りにされたたぬきの絶妙なズレ感や、カラーのノイズを表現した着色および、細かに差し込まれたプラ板から、バグった瞬間の躍動感を感じて思わず二度見します。最近では画像加工等でグリッチ表現が施された写真や動画もよく見かけますが、造形表現として信楽焼と組み合わせるとは……。


乱れ 画像 人力 再現 グリッチ タヌキ 彫刻 作品 造形 なにこれすごい

 Twitterでは「えっ??」「タヌキがバグってる」と一瞬混乱する声や、「サイバーパンクっぽい!」「脳がハッキングを受けたみたいな感覚に…」なんて声も寄せられ、「面白い」「欲しい」と13万いいねを集める人気となっています。



 “クマ作家”である中谷さんは以前に、「木彫りの熊の置物」をリメイクしたユニークなクマの立体作品が話題に。こちらも現代的かつ、どこかおしゃれでかっこいいビジュアルが魅力的です。作品はInstagram(@cr_satoken)個人サイトでも公開されています。



作品提供:中谷 健一(@aro999jp)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声