ニュース
» 2021年04月27日 22時00分 公開

愛する猫ちゃんが尿路結石寸前に……!? 治療に奮闘する飼い主と頑張る猫ちゃんの漫画が参考になる(1/2 ページ)

早めに気付けて良かった……!

[錆,ねとらぼ]

 3本足の猫「しじみ」ちゃんに尿路結石手前の結晶が出て、治療する体験漫画がTwitterに投稿されています。


3本足のしじみちゃん 獣医師に診てもらったら……

 右前足がないキジトラ猫「しじみ」ちゃんのトイレシートを交換する飼い主さん。尿の量がいつもより少なくキラキラしていることに気が付き、獣医師の元へ向かいます。

 獣医師によるとしじみちゃんは「ストラバイト(結石になる前の状態)がまあまあ出ている」状態で、尿から結石にはなっていないものの、結晶が確認されました。


3本足のしじみちゃん 結石になる前の結晶が出てしまったしじみちゃん

 飼い主さんはしじみちゃんの変化に気付けなかったと落ちこみつつも、「しじみが元気なうちに気付けたことを喜ぼう」と奮起。

 水は部屋の2カ所に設置していたのを5カ所へ増設し、尿路結石対策の療養食も開始します。増設された水飲み場でもピチャピチャ水を飲み、療養食も嫌がらずに食べるしじみちゃんにまずはひと安心です。


3本足のしじみちゃん 落ち込みつつも奮起する飼い主さん

3本足のしじみちゃん 水飲み場の増設と療養食が始まります

 ストラバイトの一件でしじみちゃんへの健康意識がより高まった飼い主さんは、触診で左前足にできものを発見。ネガティブ思考に陥る飼い主さんですが、当のしじみちゃんは再び病院へ連れてこられて不満そうな様子です。

 獣医師は「腫瘍とかではなく皮膚の盛り上がり」と悪いものではないと診断します。3本足のしじみちゃんは左前足の使用頻度が高いのも要因だと推測されました。実はしじみちゃん、猫じゃらしで遊ぶときに床を左前足で強打したり、いつもする「尻を叩け」のポーズでも左前足を支点に使ったりしているんだとか。できものの原因に心当たりがありすぎる……!



3本足のしじみちゃん できものの原因は……?

 そして、ストラバイトの治療開始から3週間後、療養食の効果を確認する日がやってきました。どきどきの結果はいかに……? 

 尿路結石は猫ちゃんに多く見られる病気のため、Twitterのリプライ欄には「ウエットタイプのご飯も良いかと思います」「尿結石向けのカリカリは、一種類だと癖になったり慣れたりがあると聞いていろんな種類を回してあげてました」「ぬるま湯にすると水をよく飲むようになりました」など経験者のためになるコメントがたくさん寄せられています。

 飼い主の天道グミ(@kawakimon)さんは漫画家で、書籍「3本足のしじみちゃん」も販売中。さびしんぼで人が大好きなしじみちゃんの姿を漫画で堪能できます。



3本足のしじみちゃん これからも療養食は続きます、頑張れ!




       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10