ニュース
» 2021年04月28日 17時30分 公開

「中村佑介展 金沢21世紀美術館」4月29日から 小説『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』の表紙原画が北陸に

原画を見られる貴重な機会。

[ねとらぼ]

 金沢21世紀美術館で、イラストレーターの中村佑介さんによる展覧会「中村佑介展 金沢21世紀美術館」が4月29日から開催されます。

中村佑介展

 2002年から活動をスタートし、ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、森見登美彦さんの小説『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーなどを手がけている中村佑介さん。

 細く美しい線でさまざまなモチーフが美しく組み合わされたイラストの他、アニメーションのキャラクターデザインやエッセイなど、その活動は多岐にわたっています。

中村佑介展 中村佑介さん

 2017年にスタートし、全国を巡回しながら累計来場者数7万7千人を集めた本展覧会は、北陸地区・金沢では初めての開催。中村さんがこれまでに携わってきた作品のほぼすべてを網羅し、展示総数は430点以上と過去最大の規模となっています。

 「中村佑介展 金沢21世紀美術館」は4月29日から5月29日まで。入場料は一般900円、学生600円、小学生以下は無料です。グッズ付き入場券は数量限定で、一般1200円、学生900円となっています。

中村佑介展 「中村佑介展 金沢21世紀美術館」イベント情報
中村佑介展 後藤正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

 会期中の4月29日と4月30日にはサイン会が行われるほか、5月16日には後藤正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のトークショー・ライブも行われる予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10