亡くなった夫がロボットになって帰ってきた 人と機械の“夫婦”の漫画が切なくて刺さる(1/2 ページ)

死者のデータを移植したロボットと妻の物語。

» 2021年05月01日 20時00分 公開
[Tomoねとらぼ]

 過労で亡くなった夫がロボットになって妻のもとへ帰ってきた漫画「レプリカ・レプリカ」が、切ない物語で涙を誘います。作者はWebで漫画を発表している円満堂(@tuttakaking)さん。

ロボットになった夫と暮らすレーリア

 婚約者のダンを過労でなくしたレーリア。彼女は、ダンのデータを移植したロボットと一緒に暮らしています。ダンは、亡くなった人のデータをロボットに移して“レプリカ”化する研究をしており、自身を実験台にしていたのです。

 研究パートナーでもあるレーリアは、機械の体をメンテナンスしたり、「涙を流す」「手が震える」など人間らしい機能を加えたりと、日々実験を続けながらふれあいを続けます。生身だったときは、研究に没頭するあまり結婚式も拒否していたダン。全く構ってもらえず、レーリアは愛されているのか不安に思っていました。

生身のころから変わった彼を何倍も好きに

 しかしロボットになったダンは「合理的で無駄が嫌い」だったかつての彼とは違い、レーリアは生身のころよりずっと好きになっていました。彼はわざわざ稼働を止めてまで記憶の奥底を探し、結婚指輪の置き場所を思い出してプレゼントしてくれたのです。

 こんな機械の体でもいいならずっと一緒にいてほしいというプロポーズを、レーリアは涙を流して、「鉄になってもあなたが好き。データになってもあなたが好き」と受け入れます。

「こんな機械の体でもいいならこれからもずっと一緒に居て」

 幸せな結婚をしたかに見えた2人でしたが、それから“夫”の様子がおかしくなります。「ごめんなさいレーリア」――ウソに耐えきれなくなった“夫”は、ある残酷な真実をレーリアに打ち明けるのでした……。


 夫が亡くなってロボットになって、ようやく愛情で結ばれたかに思えた2人。しかし突きつけられた真実はあまりにも酷で、切なさで胸が詰まります。最後まで読んだ後で再び読むと気付くこともあり、味わいが深くなる物語です。

 作者の円満堂さんは他にもさまざまな創作漫画をpixivなどで公開しています。

作品提供:円満堂(@tuttakaking)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」