ニュース
» 2021年05月02日 13時51分 公開

アメリカを死神になぞらえ―― 中国大使館Twitter、物議醸した「米国が『民主』を持って来たら」ツイートを削除

「ここまで堂々とプロパガンダかますのも清々しい」など批判の声があがっていました。

[ねとらぼ]

 中国大使館公式Twitter(@ChnEmbassy_jp)は、物議を醸していた「米国が『民主』を持って来たら、こうなります」とのツイートを4月30日までに削除しました。削除の理由などについては現時点では特に明かされていません。


中国大使館 中国大使館のツイート(Web魚拓より

 問題となっていたツイートは4月29日に投稿されたもの。「米国が『民主』を持って来たら、こうなります」との文章とともに、星条旗の衣をまとった死神が、イラク、シリア、エジプトなどと書かれた部屋のドアをノックしているイラストを転載。開いたドアの下からは大量の血が流れ出ており、恐らく民主主義を強調するバイデン政権をやゆする目的があったと見られます。また、ツイートは当初アカウントのトップに固定されており、他のツイートよりも優先して表示されるようになっていました。

 これに対しTwitterでは、投稿の直後から「品がない」「ここまで堂々とプロパガンダかますのも清々しいな…」など批判が殺到。中には「え、、これ本当に大使館の公式ツイートなの?」「乗っ取られた?」など、アカウント乗っ取りを疑う声もみられました。こうした批判を受けてか、同アカウントは4月30日までにツイートを削除しています。

 また、アメリカ大使館公式Twitterも4月30日、「あの極めて不快なツイートに対して声を上げてくださった日本の皆さまに感謝いたします」とのツイートを投稿。“極めて不快なツイート”の詳細には触れていませんが、恐らく中国大使館のツイートを指しているとみられます。



中国大使館 中国大使館公式Twitter(@ChnEmbassy_jp

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. /nl/articles/2105/09/news031.jpg 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?