ニュース
» 2021年05月07日 14時24分 公開

アニメのワンシーンみたい! 夜空に浮かぶ光「漁火光柱」の迫力がすごい(1/2 ページ)

ファンタジーな雰囲気。

[関口雄太,ねとらぼ]

 北陸地方で5月6日夜、光が天に向かって伸びて見える現象「漁火光柱」が観測され、非現実的な様子からアニメや漫画のワンシーンのようだと感想が寄せられています。

「龍星群」かな? 夜空に浮かぶ光「漁火光柱」の迫力がすごい たくさんの光が幻想的

 広江克彦(@eman1972)さんや複数の撮影者が写真を投稿。暗い夜空に、複数の光が線のように伸びていることが確認できます。空には雲がかかっているので、星や月の光ではないと分かります。不思議な光に、どこか知らない世界線に足を踏み入れてしまったような感覚になりそうです。

 「何これ?」と戸惑う声を受けて、気象学者の荒木健太郎さんが「漁火光柱」について解説。正体は漁船の光で、氷の雲が上空に広がり、氷の結晶が光を反射することで発生する現象です。大気光学現象と呼ばれるもので、漁船の光ではなく太陽の光でできた場合は「太陽柱」となり、漁火光柱のような複数の光の柱ではなく1本の柱が光る神秘的な雰囲気があります。

 Twitterでは、漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター「ゼノ=ゾルディック」の技「龍星群」とイメージを重ねた感想や、遊戯王カードの魔法カード「光の護封剣」のようだというコメントが寄せられています。

画像提供:広江克彦(@eman1972)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10