ニュース
» 2021年05月08日 15時30分 公開

「オオタニサン」の勢い止まらず! 大谷翔平選手、日本人最速10号本塁打達成 「化け物過ぎる!」と古巣ファン大興奮(1/2 ページ)

今シーズンは「2番・投手」でリアル二刀流が実現しています。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 「オオタニサン」の勢いが止まりません。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手は5月6日(日本時間7日)のタンパベイ・レイズ戦でメジャートップタイの10号2ランを放ち、日本人最速でシーズン2桁本塁打を達成しました。かつて所属していた北海道日本ハムファイターズのファンも大谷選手の活躍に「すごい! 化け物過ぎる!」と興奮を隠し切れない様子です。

レイズ戦ハイライト

 大谷選手は5日のレイズ戦で、制球が安定しない中でも5回0/3を投げて84球1安打7奪三振無失点と力投。6日のレイズ戦には、登板日翌日にもかかわらず「2番・DH」で先発出場しました。

 第1打席ではレイズ先発マクビューの変化球にタイミングが合わず三振を喫しますが、3回の第2打席では2番手左腕フレミングの初球インコースを捉えるとライトスタンドへ。メジャートップタイとなる10号2ランとなる本塁打を放つなど、この日は4打数2安打2打点と今季9度目のマルチ安打を達成。一方で試合は8回にエンゼルス投手陣がつかまり、3-8と逆転負け。チームは5連敗となりました。

大谷翔平 メジャー日本人最速の10号到達(画像はLos Angeles Angels公式Instagramから)

 北海道日本ハム在籍時から投手と打者の「二刀流」を実現させると、大谷投手は2018年にポスティングシステムを利用してメジャーリーグのエンゼルスへ移籍。ルーキーシーズンから「二刀流」の選手として過ごしていましたが、10月には右肘の損傷が判明し肘にメスを入れます。

 2年目は打者に専念し、3年目に入って投手としても復帰を果たすも、登板翌日に「右屈曲回内筋群の損傷」と診断されて、シーズン中の投手復帰はかなわず、打者としても不本意な成績でシーズンを終えていました。

大谷翔平 大谷翔平ベンチで祝福を受ける(画像はMLB公式YouTubeから)

 4年目の今シーズンは開幕から投打ともに好調をキープ。4月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦では「2番・投手」で先発出場し、ついに「リアル二刀流」が実現します。24日のヒューストン・アストロズ戦では途中からメジャー移籍後初めて左翼手の守備に就き、これで投手、指名打者、野手の「三刀流」がかなうことになりました。

 北海道日本ハムを離れてから4シーズン経過しますが、古巣のファンは「また歴史を作ったのか」「こんなんバケモンやん」「ヤバすぎやろ、これで投げてるんやで?」とただ驚くばかりです。海を越えて活躍する「オオタニサン」の勢いは、当分止まりそうにありません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10