ニュース
» 2021年05月10日 12時00分 公開

「映画や漫画でグッとくる“あるある”」シリーズが熱い! 「元夫婦が共闘して友情が芽生える」「軟派キャラが女性のために命を賭ける」など(1/2 ページ)

具体例は思い出せないまでも、どこかで見覚えのある面白いやつ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 映画や漫画でよくある“熱い展開”だけを描いた漫画が秀逸です。例えば、離婚した男女が娘を救うために共闘する展開は、めっちゃ燃える!


あるある1 熱い要素をギュッと濃縮

 投稿主は、Twitterで多彩な4コマ漫画を公開しているカコミスル(@p8HMIUHYW1KUF6c)さん(関連記事12)。「映画とかで好きな展開」と題し、「敵同士の潰し合い」や「意外なキャラが最後に大活躍して全部持っていく」など、グッとくる“あるある”を描いています。


あるある2 序盤にちょっとだけ登場したシロアリ駆除業者がゾンビ退治のカギに

 数々の作品から盛り上がる要素を抽出したような漫画は、「大好物ばかり」「どれも絶対面白いやつ」などと広く共感を呼びました。「だいたいクレヨンしんちゃんの映画で見た」「貞子vs伽椰子を思い出した」など、該当作品を記憶から探る人も見られます。

 カコミスルさんはその後、漫画・アニメ編バトル漫画編も公開。「口だけだと思われている女好きキャラが、女性のために命を賭ける」「悪っぽい味方vs正義っぽい敵」「アウトローなキャラが一般社会で年相応に青春を送る」など、心躍るシチュエーションを多数描いています。


あるある3 守り抜いた女性に抱きしめられたまま息を引き取ったりしたら泣けるやつ

あるある4 人類に絶望して闇落ちしたタイプの正義漢vsブレない純粋悪

あるある5 バトル漫画にときどき訪れる、コメディタッチの日常パート。本編より好きだって人もいそう

作品提供:カコミスル(@p8HMIUHYW1KUF6c)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」