ニュース
» 2021年05月10日 07時30分 公開

“中身が偏る布団カバー問題”の傾向と対策漫画がためになる……? 解決しない対策から議論にも発展(1/2 ページ)

諦めて寝よ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 カバーをした布団が一カ所に偏って身体が暖まらない現象の傾向と対策を描いた漫画に共感の声が多数寄せられ、激しい議論が交わされています。この終わりなき問題に、解決の時は訪れるのか……。


中身が偏る布団カバー問題の傾向と対策漫画 解決しない対策に議論も巻き起こる どう解決するか

 この3コマ漫画「ふとんカバー問題への傾向と対策」を公開したのは、4コマなどを投稿する透明いんげん(@invisible_bean)さん。カバーの中で布団が中央に偏って体の一部だけが暑くなり、他の部分が寒くなってしまう現象を取り上げています。

 この状態になってしまったら、布団カバーの両端をつかんで思いっきり揺さぶります。すると偏った布団は正しい位置に戻る……ことはなく、相変わらず偏ったまま。むしろ悪化してしまい、「もういいや」と諦めて寝ることが布団カバー問題の対策となるようです。期待を裏切られる結末に笑わずにはいられない……!


中身が偏る布団カバー問題の傾向と対策漫画 解決しない対策に議論も巻き起こる 一生このままである

 この投稿にリプライ欄などでは「わかる」と共感する人や中のひもを結ぶよう助言する人、その他の対策を提案する人などからの反応が寄せられています。中にには「そうはならんやろ」と、ふとんカバー問題を体験したことがない勝者の余裕ただよう感想もありました。これらの声に透明いんげんさんは、「200人以上がおふとんカバーについて真剣に意見を交わし合う会を開催できたのは良い経験でした」とコメントしています。

 透明いんげんさんは他にも、くすりと笑ってしまう漫画をたくさん公開中。3コマや2コマで迎える簡潔なのに笑える結末など、コマ数にとらわれない独自の世界観を楽しめます。

作品提供:透明いんげん(@invisible_bean)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/24/news111.jpg 加藤貴子、義父母&実母との共同生活をスタート リノベーションに引っ越し、子どもの転園で「この半年間は怒濤」
  2. /nl/articles/2106/24/news082.jpg 広田レオナ、肺がん手術後の激細姿に焦り「痩せないようにもっと努力します」 面やつれには不安「顔も結構ヤバい」
  3. /nl/articles/2106/24/news092.jpg 伊藤かずえ、愛車「初代シーマ」と約1カ月ぶりの再会 バラバラな姿に戸惑いも「こんな形のシーマを見るなんて」
  4. /nl/articles/2106/23/news136.jpg 整形男子・アレン、500万円かけた差し歯に深刻なトラブル 「放心状態です」「高額な費用が掛かってくる」
  5. /nl/articles/2106/23/news011.jpg 大きな馬の顔からひょっこりのぞいているのは…… やんちゃな子猫をかばう優しい馬の光景に癒やされる
  6. /nl/articles/2106/24/news164.jpg がん闘病の大島康徳、退院を報告 1週間ぶりに会う妻らに感謝「皆、皆 ありがとう」 
  7. /nl/articles/2106/23/news036.jpg 数年ぶりに「ポケGO」再開したら神ゲーになってた 復帰組による布教漫画に「やりたくなった」「私も再開した」
  8. /nl/articles/2106/24/news088.jpg 南明奈と濱口優、約2週間ぶりにインスタ更新 「しっかりご飯食べてしっかり寝て元気です」「夫婦で笑顔で過ごそうと思います」
  9. /nl/articles/2106/23/news129.jpg 【そんなことある?】お腹が出てきたので検査したら「まぁ脂肪ですね」「ただそれとは関係ないけど妊娠してますね」と言われた話
  10. /nl/articles/2106/24/news150.jpg 渡辺満里奈、長女の11歳バースデーに“パパそっくり”な赤ちゃん写真公開 「おめめパッチリ!」「そのまんまだ」

先月の総合アクセスTOP10