ニュース
» 2021年05月10日 07時30分 公開

“中身が偏る布団カバー問題”の傾向と対策漫画がためになる……? 解決しない対策から議論にも発展(1/2 ページ)

諦めて寝よ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 カバーをした布団が一カ所に偏って身体が暖まらない現象の傾向と対策を描いた漫画に共感の声が多数寄せられ、激しい議論が交わされています。この終わりなき問題に、解決の時は訪れるのか……。


中身が偏る布団カバー問題の傾向と対策漫画 解決しない対策に議論も巻き起こる どう解決するか

 この3コマ漫画「ふとんカバー問題への傾向と対策」を公開したのは、4コマなどを投稿する透明いんげん(@invisible_bean)さん。カバーの中で布団が中央に偏って体の一部だけが暑くなり、他の部分が寒くなってしまう現象を取り上げています。

 この状態になってしまったら、布団カバーの両端をつかんで思いっきり揺さぶります。すると偏った布団は正しい位置に戻る……ことはなく、相変わらず偏ったまま。むしろ悪化してしまい、「もういいや」と諦めて寝ることが布団カバー問題の対策となるようです。期待を裏切られる結末に笑わずにはいられない……!


中身が偏る布団カバー問題の傾向と対策漫画 解決しない対策に議論も巻き起こる 一生このままである

 この投稿にリプライ欄などでは「わかる」と共感する人や中のひもを結ぶよう助言する人、その他の対策を提案する人などからの反応が寄せられています。中にには「そうはならんやろ」と、ふとんカバー問題を体験したことがない勝者の余裕ただよう感想もありました。これらの声に透明いんげんさんは、「200人以上がおふとんカバーについて真剣に意見を交わし合う会を開催できたのは良い経験でした」とコメントしています。

 透明いんげんさんは他にも、くすりと笑ってしまう漫画をたくさん公開中。3コマや2コマで迎える簡潔なのに笑える結末など、コマ数にとらわれない独自の世界観を楽しめます。

作品提供:透明いんげん(@invisible_bean)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」