ニュース
» 2021年05月11日 07時30分 公開

「ちょっとコワイ先生がいい先生」ではない 子どもと“つながる”大切さ描いた漫画に反響(1/2 ページ)

元小学校の先生が「#教師のバトン」のハッシュタグ付きで投稿。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 怖い先生の方が子どもは言うことを聞くと思われがちだけど……元小学校教師が子どもとの間に「つながり」を作るまでを描いた漫画が反響を呼んでいます。漫画には、先生を目指す人に現場の取り組みなどを伝えるために、文部科学省が開始した「#教師のバトン」プロジェクトのハッシュタグと、「明日からまた先生になる方へ」というメッセージが添えられています。


明日からまた先生になる方へ 「まず私からかわらなきゃ」 usaoさんは子どもたちに怒ってばかりいたことを謝ります

 自分の思い通りにいかないときは、子どもを怒っていたという作者のusao(@_usa_ooo)さん。怒っても、子どもには自分の意図が伝わっていないようでした。


明日からまた先生になる方へ 怖い先生の方が子どもは言うことを聞くと思われがち。しかし、実際はそうではないとusaoさんは感じます。そこで自分の関わり方を変えることに


明日からまた先生になる方へ 大きい声やキツイ言葉よりも、子どもの話を聞いて、自分の意図や気持ちを伝えることが大切

 「本当のことを伝えていないから」伝わらないのだと、自分の関わり方を見直し、子どもたちに謝って、自分の気持ちを話します。一生懸命に耳を傾ける様子を見て、usaoさんは自分と子どもとの間に「つながり」が生まれたのを感じます。それまでの「叱ることで子どもはシャキッとする」という考えは捨て、子どもの声をよく聞き自分の意図を伝えて「つながる」ことが大切だと認識するようになりました。


明日からまた先生になる方へ 自分が悪くても謝れない。そんなカッコ悪い出来事も子どもたちと共有


明日からまた先生になる方へ 子どもからの気持ちが、usao先生のエネルギーのようです

 時には夫婦ゲンカをして、自分が悪いとわかっていても謝りたくない気持ちについて話すことも。帰宅してから「(明日も)うまく先生できるかな」と気弱になっても、子どもが書いた手紙を読んで「がんばろう」とパワーを得るusaoさん。子どもとの心のつながりに助けられてもいたようです。

 子どもに対して、気持ちや意図を伝えることが大切だということについて、複数の先生や保育士さんが共感を寄せていました。教師と生徒に限らず、親子や夫婦にも言えるのでは、という意見も。また、帰宅してから子どもの手紙を読んで元気を出す場面に、感動した人もいました。

 イラストレーターであり、漫画家でもあるusaoさん。小学校教員だった頃のエピソードを描いたコミックエッセイが書籍化され、3月に発売されています。

作品提供:usao(@_usa_ooo)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」