ニュース
» 2021年05月11日 10時40分 公開

コロナ鎮静化を願う“アマビエ日本酒”、デザイン盗用で販売停止に 愛媛県大洲市「封ジノ酒」販売元が謝罪

盗用を訴えるツイートが注目を集めました。

[ねとらぼ]

 疫病を鎮めると言い伝えられる妖怪「アマビエ」「ヨゲンノトリ」がモチーフの日本酒「封ジノ酒」を販売する小谷酒店は5月10日、同商品のラベルが既存のデザインを盗用していたとして、公式サイト上に謝罪文を公開しました。同件を巡っては、5月8日ごろより盗作被害を訴えるTwitterの投稿が拡散されていました。




 「封ジノ酒」は愛媛県大洲市の小谷酒店と大洲藩内の4つの蔵元が企画した日本酒。新型コロナウイルス感染症の封じ込め、ひいては地域繁栄と産業隆盛を願い2020年7月に発売されました。

 ところが2021年5月に入り、同商品に描かれたアマビエが自身のデザインに酷似していると述べる桂つかささんのツイートが話題に。ヨゲンノトリについても広瀬順子さんが同様の盗用疑惑を訴えました。

 騒動を受け、小谷酒店は公式サイトで謝罪文を公開。ラベルをデザインした沖野恭平さんが盗作を認めたとして商品の販売を停止しました。同店は「このラベルが桂つかさ様・広瀬順子様のオリジナルデザインであった事も謝罪と共に精一杯お伝えさせて頂こうと思っております」とコメントしています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10