ニュース
» 2021年05月11日 14時52分 公開

楽天で「iPhoneを不正に購入される被害」が発生 “本人確認無しで購入可能”な抜け穴、同社に対策を聞いた

楽天モバイルでの不正購入事案が発生しています。

[ねとらぼ]

 楽天モバイルが4月末より販売開始したiPhoneを、第三者が不正に購入する事案が発生しています。同社が5月10日に公開した文章によると、注文の一部を出荷停止するなどの対応を行っているとのこと。ねとらぼでは、同社に詳しい事情を聞きました。



 楽天モバイルでは楽天IDを利用したスマートフォン端末の購入が可能です。端末だけを購入する場合は本人確認が行われないため、不正に入手したIDとパスワードでiPhoneを購入する手口が発生しているとみられます。

 編集部で実際に購入手続きを確認したところ、楽天モバイルを利用したことがない楽天IDでもログインが可能で、別サイトで利用したクレジットカードが最初から登録された状態でした。そのため、過去に「楽天市場」などで買い物をしたことがあれば、楽天モバイルの利用者でなくとも被害に遭う可能性があります。

 また、IDと別名義のクレジットカードを利用できることから、新規にアカウントを作成し不正に入手したクレジットカードで購入する手口も報じられています。

 楽天モバイルへの取材によれば、具体的な被害件数については現在調査中。不正購入のおそれがある出荷を停止する等の措置を行っており、不正利用の被害が発覚したユーザーにはクレジットカード会社の窓口に相談するよう連絡しているといいます。なお、現段階で上記の購入システムを改修する予定はないとのこと。

 同社は「引き続き、不正な製品購入の対策を徹底してまいります」と述べました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10