ニュース
» 2021年05月12日 07時30分 公開

うつの心を再び動かしてくれた、ある“きっかけ”を描いた漫画に共感 「めちゃくちゃわかる」「勇気付けられました」(1/2 ページ)

ささいなきっかけでも、大きなきっかけに。

[さあにん,ねとらぼ]

 厚生労働省によると、100人のうち約6人が生涯のうちに「うつ病」を経験するんだとか。紹介するのは「うつ」になった心が、動きだす。そのきっかけのお話です。

 マンガ家のわくまる(@w_tokushun)さんは、ある日突然に「うつ」になってしまいます。


うつの心が動き出した話


 何を食べても、美しいものを見ても、心が動かず、自分の心が死んでしまっていることに気が付いたわくまるさん。「うつ」を自覚し、お休みを取ることに。

 編集チームからの理解も得られ、休養へと入るのですが、その日々は想像以上に大変でした。


うつの心が動き出した話

うつの心が動き出した話

 ただ過ぎていくだけの時間。さらには自分の作品までも「くだらなく」思えてしまうように。そんなわくまるさんを救ったのは……。


うつの心が動き出した話

 いつも部屋の中に、目の前にある「ホコリ」が陽に照らされていた。それだけのことなのに、わくまるさんの心に「キレイ」という感動が芽生えたのです。

 唐突に覚えた「感動」に、心が再起動。日常を取り戻し、連載に向けての準備を始めたわくまるさん。この経験を残そうと、こうして作品に仕上げ、公開したといいます。


うつの心が動き出した話

 公開後のコメントには、「私も同じように、一瞬の光から回復に向かう経験をしました」「カーテンの埃の感動めちゃくちゃわかる」と、同じ経験をした方からの声もあれば、「経験を漫画にして下さってありがとうございます。心が動く瞬間は些細な事ですが、それが大きなきっかけになるんですね」「勇気付けられました」「少し気が楽になりました」と、わくまるさんの経験を知ることで、心が動いた方からの声も。作品を通じての経験の共有が、いろいろな人の心が響いたようです。

 わくまるさんは、惑丸徳俊(わくまる とくしゅん)の名前で作品を公開中。『超訳 人間失格』(アスコム・刊/齋藤 孝・著)では、カバーとマンガパートを担当している他、現在はやじまけんじさん、ホリプーさんらとともに、鈴木おさむさん原作「おばけと風鈴」の連載準備をしているそうです。




※作品提供:わくまる(@w_tokushun)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する