ニュース
» 2021年05月13日 12時00分 公開

「大切な家族だろ?」 実家の愛犬が危篤、上司が休みをくれた実話漫画に感動の声(1/2 ページ)

確かに「この人について行こう」と思いたくなる!

[谷町邦子,ねとらぼ]

 長く一緒に暮らしたペットは、もはや家族同然。愛犬が危篤になったときの、上司の温かなはからいについての漫画が投稿され、注目を集めています。


犬危篤 上司からの思ってもいなかった言葉とは

 小学生の頃から飼っていた13歳の犬が危篤だと母から連絡を受けた作者のちなきち(@chinakichi_72)さん。仕事が終わると新幹線に飛び乗って実家に向かいます。


犬危篤 最後に会ってお礼が言いたい。退社後、大急ぎで実家に帰ります


犬危篤 よかった、生きてた……安堵したところに電話が

 明日朝すぐに東京に帰らないといけなくても、最後に一言「ありがとう」が言いたい。そう願うちなきちさんが実家に着いた22時ごろには、愛犬は微かながらもまだ息がありました。間に合ったことに少しほっとするちなきちさん。


犬危篤 犬だって大事な家族。その家族への愛情を尊重してくれる上司。セリフが全部カッコいい


犬危篤 部下の気持ちを大切にしてくれる上司

 その時、上司から電話がかかってきました。職場の誰かから事情を聞いたようで、「同じ思いをしたことがあるから気持ちがわかる」と優しい言葉をかけてくれます。ちなきちさんは、その後に続く言葉に驚きました。「明日から2日間休んでいいぞ」「大切な家族だろ? 最期まで一緒にいてやりな」

 上司が休みをくれたおかげで、ちなきちさんは愛犬の最期に立ち会うことができました。上司として、働く人が「家族」を見送れるように休める環境を作ってくれたこと、共感を示してくれたことから、ちなきちさんさんは「この人について行こう」と強く思ったのでした。

 漫画には「泣けた」という声のほか、うなきちさんが愛犬の最期を見届けらるようにしてくれたことに「ステキな上司」「こういう職場に行きたい」というコメントも寄せられていました。

 弔事ではなく危篤の場合、人間でも休暇について社内の規則がないところが多いそうです。ちなきちさんの上司のような人が増えると、もっと働きやすくなるかもしれませんね。

 ちなきちさんは、エッセイ漫画や創作漫画をTwitterやInstagramに投稿しています。2020年12月には『扉の向こうに誰かいる。 男たちがずっと私を監視しています』が、2021年4月には『その人って本当に、ママ友ですか?』が、それぞれ発売されています。

 

作品提供:ちなきち(@chinakichi_72)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10