ニュース
» 2021年05月13日 22時00分 公開

なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声

それでもわれわれは猫を吸い続けるしかないのだ……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 飼い主が寝ているときに“猫に記憶を消されている”説を唱える漫画が「激しく同意」「すげえ納得した」と話題になっています。われわれが猫に飽きない理由はこれだった……!?


寝てるとき 猫 飼い主 記憶 消している 飽きない 漫画 凸ノ高秀 確かになぜなのか……

 人は飽きる生き物である……なのに、猫は15年一緒に過ごしてもずっとかわいくて飽きがこない! という漫画を以前に描いたライターで漫画家の凸ノ高秀(@totsuno)さん。そして今回改めて、「いくらなんでも飽きなさ過ぎる……」と、再びそのナゾについて考えることになりました。

寝てるとき 猫 飼い主 記憶 消している 飽きない 漫画 凸ノ高秀 むしろ時間がたって悪化(かわいいポイントが増加)している!?

 その結果導き出されたのが、今回の仮説。日々新鮮に猫のかわいさに驚くのは、猫に毎晩「猫がかわいい」という記憶を消されているからではないか――。という“猫が記憶を操作している説”です。あり得ないと思いつつ納得してしまう……猫はなんて恐ろしい生き物なんだッ!


寝てるとき 猫 飼い主 記憶 消している 飽きない 漫画 凸ノ高秀 衝撃の仮説なのに「なるほど」と思えるのが猫ちゃんの恐ろしさ……(かわいさ)

 Twitterで漫画とともに「寝てる時に猫の気配を感じたら、そういうことです」と投稿されると、猫飼いユーザーから「にゃんこは飽きない、あまりにも分かりすぎる……」と共感する声から、「そうだったのか」「心当たりがあり過ぎる」と説に納得する声が寄せられ話題に。

 他にも「いぬもおんなじ能力あるのではないか」との声も上がっています。まさか、人間の記憶はめちゃくちゃ消されていた……?

 ちなみに、凸ノ高秀さんが「ねこ飽きない」を実感するきっかけとなったのは、当時実家で飼っていた猫ちゃん。「何万回眺めて触れても一切飽きないどころか、むしろますます可愛さを叩き込んでくる」と、かわいい写真とともに投稿していました。


 現在は、縁あってスコティッシュフォールドの女の子「うまき」ちゃんと暮らしている、凸ノ高秀さん。先日には「信じられんくらいかわいい(怒りマーク)」と、訴えるように愛猫写真を投稿しており、記憶を消される日々は今も順調に続いているようです。

 凸ノ高秀さんの漫画『春はまだか。』はめちゃコミックで公開中。また、「オモコロ」にも漫画を掲載しています。

 『アリスと太陽』『童貞骨牌』は、Amazon他全国の書店で販売中です。







画像提供:凸ノ高秀(@totsuno)さん

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10