ニュース
» 2021年05月13日 11時15分 公開

【実物レビュー】Sweet6月号のふろくは「SNIDEL HOME」のエコバッグ&ポーチ! 花柄&猫刺繍が大人かわいいデザインです

ピンクカラーもかわいい!

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌『Sweet(スウィート)』6月号のふろくは、「SNIDEL HOME(スナイデルホーム)花柄エコバッグと猫刺繍ミニポーチのセット」。お揃いのくすみピンクが華やかで大人かわいい2点セットを、実際に使用してレビューします!

Sweet 5月号 発売中のSweet6月号。表紙はローラさん

 宝島社の女性向けファッション誌『Sweet』6月号が発売されました。今号のテーマは、「JUST BE YOURSELF」。自分らしく、日々を心地よく生きるための服選びのヒントや、家での過ごし方を提案する特集記事などが掲載されています。

 ふろくは、ファッションブランド「SNIDEL(スナイデル)」から昨年秋に生まれたルームウェアブランド「SNIDEL HOME(スナイデル ホーム)」とのコラボレーションアイテム2点セット。

 通常号(1080円)には「花柄エコバッグ&猫刺繍ポーチ」が、セブン-イレブンとセブンネットショッピング限定販売の増刊号(1180円)には「猫刺繍クッションポーチ&マルチポーチ」が付いています。

Sweet 5月号 通常号のふろく「花柄エコバッグ&猫刺繍ポーチ」。この絶妙な大人ピンク、かわいすぎます……!

 通常号のふろくのエコバッグは、日々のお買い物で使い慣れたレジ袋タイプ。

 レディな印象のフラワーパターンは「SNIDEL HOME」の春の新作柄で、深みのあるダスティピンクをベースに、濃淡の異なるピンク色で花柄を描いています。ブランドのタグがワンポイントであしらわれているのも、おしゃれ心をくすぐるポイントです。

Sweet 5月号 SNIDEL HOMEでは、この柄のルームウェアやポーチを販売しています

 かわいいだけではなく、使い勝手の良さも魅力的。サイズは縦31×横27×マチ12センチで、大きすぎず小さすぎず、コンビニでちょっとした買い物をするのにぴったりな容量です。マチが広いため、お惣菜などを平らに入れてもグラつきがありません。ランチトートとして使ってもいいですね。

Sweet 5月号 日常の買い物で重宝する大きさ。市販のエコバッグでよく使われている、しっかりとしたポリエステル素材です。

 セットのミニポーチは、「SNIDEL HOME」の大人気アイテムからインスパイアされた、猫の顔の手描き風イラストを刺繍したデザイン。

 光沢のあるサテン生地、中綿入りでふんわりとしたさわり心地、高級感たっぷりなゴールドのカラビナリングやファスナーと、全てがふろくとは思えないクオリティの高さです。これ、お店に並んでいたら絶対に手に取るやつだ……!

Sweet 5月号 くすみピンクとゴールドの組み合わせがおしゃれ。このクオリティの高さ、雑誌のふろくとは思えません

 

 ポーチの大きさは、縦8×横8.5×マチ2.5センチの手のひらサイズ。セットのエコバッグを折り畳んで収納するだけでなく、お直し用のミニコスメやイヤホンなど細々したものを携帯するのにも便利です。

Sweet 5月号 セットのエコバッグを畳んですぽっと収納できます
Sweet 5月号 おでかけ用コスメをまとめておくのにも便利。カラビナで手持ちのバッグに付けられます

 パッケージを開けた瞬間に思わず「かわいい〜!」と口に出さずにいられない2点セットは、それぞれ単独使いができ、コストパフォーマンス抜群。

 日常使いのエコバッグは既にたくさん持っているという方にもぜひ手に取ってほしい、おすすめのふろくです。

ねとらぼGirlSide おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」