ニュース
» 2021年06月04日 11時30分 公開

子どもにとっては“死角が生まれる高さの段差”かも? 小3のころ校庭で鬼ごっこ→鼓膜が破れて頭蓋骨にヒビが入った体験談(1/2 ページ)

ちょうど「飛び降りやすくて、見えにくい」くらいの高さかも。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は「鬼ごっこ中に鼓膜が破れ、頭蓋骨にヒビが入った」というお話。学校の休み時間のように“みんな別々のほうを見ながら遊んでいる状況”って意外と危ないのかなあ。

自分の頭と同じくらいの段差の上から……



 小学校3年生のころのお話です。私が通っていた学校の校庭にはちょうど私の頭くらいの高さの、木が植わっている段差がありました。先生からは「危ないのでなるべく登らないように」と言われていましたが、守っている人はあまりいませんでした。

 ある日の休み時間、私が校庭で鬼ごっこをしていると、段差の上から男の子が降りてきて衝突しました。

―― 頭くらいの高さだとちょうど「上にいる人は飛び降りても怖くないけど、下にいる人にはほとんど見えない」のような感じになりそうですね。

 男の子にぶつかった私はそのまま倒れて気を失い、気付いたら保健室の先生の車に乗せられて耳鼻科の病院に向かっていました。自分の耳から血が流れていて、現実感がなかったのを覚えています。

 病院で母と合流したのですが、私は頭を強く打っていたため、その後さらに、車で30分ほどの総合病院へ。診察してもらったところ鼓膜が破れていたほか、レントゲンの結果、頭蓋骨にヒビが入っているとのことでした。

 10歳ながらさすがにいろいろ考えてしまい、「歩けなくなったりするのかなあ」と落ち込んでいたのを覚えています。

 その後も検査があったのですが、脳には影響がなかったようで2日間で退院し、学校にも少し休んで復帰。倒れた私を見ていた友達からとても心配されました(笑)。耳から血を流していましたからね。

 該当の男の子に悪気はなく、たまたまタイミングが悪かっただけだと思っていますが、この事故後、学校では例の段差に登ることがキツく禁じられようになりました。

 私は今、後遺症などもなくとっても元気ですが、階段などで自分より上に人が座っていると怖いので、一番上に座るようになりました。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」