ニュース
» 2021年05月14日 18時45分 公開

オンラインクレーンゲーム「GOTON!」、大量のアカウント誤BANを謝罪 サントリーとのコラボで正規応募者を利用停止(1/2 ページ)

手違いにより、正規の方法で参加しているアカウントに対しても利用停止をしてしまったとのこと。

[Kikka,ねとらぼ]

 オンラインクレーンゲーム「GOTON!」とサントリー自販機が実施中のコラボキャンペーンに参加したプレイヤーが、大量にBAN(アカウント停止)されていることが分かり、同社が誤BANについて謝罪しました。BANの理由は「シリアルコードの不正入手・使用」とされていたものの、正規応募者もBAN対象となっていたため波紋が広がっていました。


BAN オンクレ GOTON 「GOTON!」に掲載された謝罪文

コラボキャンペーンの詳細

 物議を醸しているのは、サントリー自販機で対象商品を購入し、商品のバーコードをスキャンすると、「GOTON」内で使用できるゲームポイント・150SP分がもらえるというキャンペーン


BAN オンクレ GOTON キャンペーンの画面

 GENDA SEGA Entertainmentとサントリー食品インターナショナルが2021年3月29日から全国で展開しているものですが、5月12日ごろからキャンペーンの参加者より「垢BANされた」「普通にコーヒー買ってたのにGOTON垢BANくらいました」「GOTON!垢BANくらった もうサントリー絶対飲まない」といった声が上がり始めました。

なぜBANされたのか

 5月14日現在では、Twitterの検索窓に「GOTON」と入力すると「垢BAN」「ban」といったキーワードがサジェストされるなど対象者は相当数に上るとみられる今回の一斉BAN。ねとらぼ編集部が複数のBAN対象者を取材したところ、原因は「キャンペーンシステムの甘さにあるのではないか」との声が多く聞かれました。

 最も問題視されているのは、キャンペーンの参加が「自動販売機のQRコード」と「商品のバーコード」の2点で行えるようになっていたということ。


BAN オンクレ GOTON

BAN オンクレ GOTON

 同一商品を何個買ってもバーコード自体は同じになるため、1度でも商品を買えばそのバーコードを繰り返し登録できるというシステムの穴がありました。このことにより、毎日同じ自販機で同一商品を購入し、応募していた人が不正を疑われてBAN対象になる、いわゆる「誤BAN」が発生したとみられています。

 また、BANの理由を「GOTON!」側に問い合わせた人に対しては、「お客様のご利用アカウントにて、現在実施しているサントリーコラボキャンペーンのシリアルコードを不正入手・使用された形跡があり、誠に勝手ながら利用規約8条17号及び18号に基づき、アカウントを停止させて頂きました」「本件に関して当社からのご返答は以上が全てとなります。同様のお問い合わせにはご返信を差し控えさせていただきますのでご了承ください」との返信が寄せられました。


BAN オンクレ GOTON 誤BANについて問い合わせたユーザーへの返信

 なお、誤BANされたユーザーであっても、利用規約に基づき、購入済みでデポジット状態のSP(ゲームポイント)及び、獲得済みで未発送の景品に関する権利が失効となると記載されていたこともあり、多くの誤BAN対象者から不満の声が上がっていました。


BAN オンクレ GOTON ユーザーが物議を醸していた規約(「GOTON!」の利用規約

GENDA SEGA Entertainmentとサントリーを取材

 本件についてねとらぼ編集部がGENDA SEGA Entertainmentとサントリーに取材を申し入れたところ、「GOTON!」を運営するGENDA SEGA Entertainmentより、5月14日付けで返答がありました。

 同社によると、4月中旬から「不正利用が見られるアカウントに対しては利用停止」を行っており、事前のアナウンスもしていたとのこと。

 しかし、5月12日からの2日間にわたって、キャンペーン事務局の手違いにより、正規の方法で参加している複数のアカウントに対しても利用停止をしてしまったとのこと。「対象となっているアカウントへは制限を解除し、本来のサービスを補償すべく対応を進めております」とコメントを寄せました。

 またこの対応については、「GOTON!」の公式サイトでも告知されており、対象となるアカウントに対しては、利用停止状態を解除するとともに、本来利用継続されていれば得られたはずのSPの補償を約束。

 既に作業は進行しており、「アカウント毎の復旧及びSPの補償に関しましては順次個別にご対応させて頂いております」「該当するお客様には多大なるご迷惑をお掛け致しました。謹んでお詫び申し上げます」と謝罪しています。

 なお、サントリーからも「キャンペーン事務局の手違いにより、通常方法で参加されている複数のアカウントに対し利用停止となっていることが判明いたしました」との回答があり、GENDA SEGA Entertainmentと連携し、対象となっているアカウントへは制限を解除した上で、本来のサービスを補償すべく対応を進めていると明かしました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」