ニュース
» 2021年05月15日 12時15分 公開

シュールで社会派でカルト! ジョージア・ロシア合作のアニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー(1/3 ページ)

クー!

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 ジョージア・ロシア合作の風変わりなアニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」が、5月14日より公開されている。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー 5/14(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、川崎チネチッタほか全国順次ロードショー!(C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 緊急事態宣言が延長となり、東京都および大阪府では引き続き多くの映画館が休業を余儀なくされているものの、複数のミニシアターは5月12日より営業を再開した。本作はヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、川崎チネチッタで無事に上映がスタートとなった(以降も全国で順次公開予定)。

  結論から申し上げれば、この「クー!キン・ザ・ザ」は変わったアニメ映画を期待するなら取りあえず見た方がいい、精神的にまいってしまうことも多いであろうコロナ禍では、その「ゆるさ」込みで一種の清涼剤になる映画だった。独特の魅力を、以下に記していこう。

「クー!キン・ザ・ザ」予告編

マイペースすぎるおかしみ

 この「クー!キン・ザ・ザ」は、1986年にソ連で製作され、今に至るまでカルト的な人気を誇る実写SFコメディー映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」のアニメ版リメイク作品である。

「不思議惑星キン・ザ・ザ」予告編。一部劇場で「クー!キン・ザ・ザ」と同時上映。

 「不思議惑星キン・ザ・ザ」および「クー!キン・ザ・ザ」のあらすじを端的に言えば、「突如として謎の惑星にワープしてしてしまったため、何とかして地球へ帰還する方法を探す」というものだ。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 普通であれば、いきなり見知らぬ、しかも一面砂漠しか見えない惑星にワープしてしまったら、嘆き苦しみパニックになってしまいそうなところだが……「クー!キン・ザ・ザ」の主人公2人はそうではない。特に青年のほうは、のんきに携帯で記念撮影をしたり、宇宙人との物々交換をするなど、マイペースでその場に適応していく。だいたいのシーンで「まあ何とかなるだろ」な感じのゆるさ&ローテンションなのだ。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 とても必死に地球へ帰る方法を探しているようには見えず、宇宙人に次々と遭遇しても全く動じない態度そのものが、良い意味で「何だこれ?」なおかしみを呼ぶ。そんな道中のほんわかとした雰囲気こそが、むしろ魅力となっている。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

 そんな主人公2人が出会うのは、穴を掘って移動するロボット、6輪車に乗って移動する老夫婦、皆に恐れられる警官など、一筋縄ではいかない奇天烈な者ばかり。宇宙人たちのボケボケぶりと、それに対する冷静なツッコミが楽しく、次にどんなヘンテコな宇宙人が出てくるんだろう? ということだけでも、楽しく見られるだろう。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

アニメ化でシュールさがパワーアップ

 今回の「クー!キン・ザ・ザ」は、「不思議惑星キン・ザ・ザ」とは主人公2人の職業が違っていたり、携帯電話(ただし2013年製作なのでまだガラケー)が登場するなど、変更された設定もある。だが、「異星へワープしてしまったので帰る方法を探す」という基本プロットはほぼそのままだ。

シュールで、かわいい、社会派かつ、ゆるい。アニメ映画「クー!キン・ザ・ザ」レビュー (C)CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」