ニュース
» 2021年05月19日 17時00分 公開

グルーガンで作る“涙メイク”が「人体に危険では」と物議 化学メーカーに見解を聞いた

さすがに熱い樹脂を直接肌に盛るわけではないですが、冷めていたとしても危険の程は。

[沓澤真二, 福田瑠千代,ねとらぼ]

 グルーガンを使って涙のしずくを造形し、顔に貼って漫画的な泣き顔を作る「涙メイク」が一部で流行。使用される接着剤の成分が、人体に悪影響を及ぼすのではないかと物議を醸しています。

涙メイク グルーガンで溶かしたホットメルトを涙の形に成形し、冷え固まってからつけまつげ用ののりでほほに貼るメイク術
涙メイク Instagramを「涙メイク」で検索すると、多数の作例がヒットする

 グルーガンは、熱すると溶け冷えると固まるホットメルト接着剤を、ヒーターで溶かして押し出す工作用の道具です。涙メイクでは接着に使わず、接着剤自体を造形素材に使用。涙の形に整形して冷やし固め、つけまつげ用ののりで顔に貼る方法がネットで紹介されています。

涙メイク 一般的なグルーガン。後ろから棒状の接着剤を装てんし、溶かして先端から出す(Wikipediaより)

 この大胆な手法はネットで広まり、テレビ番組の紹介がきっかけでますます注目を集めることに。とっぴな発想に驚く声が上がる一方で、ホットメルト接着剤の成分が人体に悪いのではないかと懸念する声が上がっていました。

肌への影響がないとは確認できていない

 SNSの反応を見ていくと、「ヤケドするのではないか」というものがまず目立ちます。しかしこれは上述の通り、冷まして成形してから顔に貼り付けるという前提を知らず、熱いまま顔に接着するという誤解に基づいた反応です。
※グルーガンで熱したホットメルトは100度以上にもなるので、そのまま触れると当然ヤケドします。絶対にやめましょう

 では冷ましてから顔に接着するという「正しい」手法なら問題ないのでしょうか? また、夏場に直射日光などで熱し続けると一度固まったホットメルトでも融解してしまうという指摘も。溶け出した成分が肌に付着した場合にリスクはあるのでしょうか?

 グルーガンやホットメルトなどの化学品を専門に扱う商社に取材したところ、そもそもホットメルトが溶け出す温度は、材質により前後はするものの、60度以上の高温になることがほとんど。そのため、溶け出す温度になるまで顔に付けたままになる状態が想定しづらいという指摘がありました。他方で問題として挙がったのが、固めたホットメルトを顔に接着する際に使用する「のり」の方。

 ネット上では涙メイクの仕上げとして、「つけまつげ用ののり」を使用し、顔に貼り付ける手法が多く紹介されています。しかしこののりに含まれる溶剤が冷えて固まったホットメルトに反応し、成分が溶け出す可能性があるというのです。

 つけまつげ用ののりの主成分は、一般的に「アクリル樹脂」や「ゴムラテックス」が使われています。接着剤やホットメルトを手掛ける、大手化学メーカーを取材したところ、次のような回答がありました。

  • つけまつげ用のりの溶剤により、ホットメルトの成分が溶出する可能性は大いにある
  • アクリル樹脂での接着は何らかの溶剤を使用している可能性が懸念される。また、ゴムラテックスでもアレルギー等の懸念があると思われるため、皮膚への影響が無いとは言えない
  • EVA系のホットメルトには、若干の人体へ影響のある物質が残存している場合がある。石油系の樹脂が含まれており、肌への影響がないとは確認できていない

 まとめると、「1, ホットメルト自体の成分による肌への影響が懸念される」「2, 固めたホットメルトの成分が、つけまつげ用ののりにより溶出する可能性がある」「3, つけまつげ用のり自体にアレルギー等を起こす可能性がある」と、3つの懸念点が浮き彫りに。

 SNSではグリッターや涙ジェルなどのメイク用品の使用を勧める声も。確かにホットメルトを本来の用途外で使うよりも、そちら方が安全そうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」