ニュース
» 2021年05月21日 11時31分 公開

WOWOWで「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」放送決定 “令和の奇書”が松本穂香主演でまさかの実写ドラマに

なぜこれを実写化しようと……?

[ねとらぼ]

 金田淳子さんの書籍『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』を原案とする、WOWOWオリジナルドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」が、2021年8月に放送・配信されることが決定しました。令和の奇書がまさかの実写化だと……!


刃牙BLドラマ化

刃牙BLドラマ化

 原案となった『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』は、ボーイズラブ研究家の金田淳子さんが、ふとしたきっかけで『刃牙』シリーズを読みはじめたところ、なぜか「刃牙はBLなのではないか?」という妄想にとらわれ、見る見る『刃牙』沼へとはまり込んでいく様子を自らつづった謎のエッセイ本。ドラマでは同書を原案として、普段は文房具メーカーに勤め、腐女子であることを隠しながら平凡な生活を送る主人公がやがて「刃牙×BL」の妄想に取りつかれていく姿を描くといいます。サイコホラーかな?

 主人公・児島あかねを演じるのは、ドラマ「この世界の片隅に」や映画「みをつくし料理帖」などに出演してきた松本穂香さん。「『刃牙×BL』について1日30時間考え続ける」という狂った役柄を果たしてどのように演じるのか、松本さんの経歴にキズが付かないことを祈るばかりです。

 金田さんによると、最初にドラマ化の話が舞い込んできたときには一瞬「だまされているのでは?」と疑ったそうですが、その後詳しい話を聞いたところ、意外にマジメな企画だったことが分かり、「わたしは一向にかまわんッッ」と返事をしたそうです。

 監督は山岸聖太さん、脚本はヨーロッパ企画の上田誠さんがそれぞれ担当。併せて、松本さんと金田さんからのコメントも到着しています。詳しい放送日などについては追って発表予定とのこと。


刃牙BLドラマ化刃牙BLドラマ化 漫画『グラップラー刃牙』(左)と、『「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』(右)

原案・金田淳子さん

 私の本は、板垣恵介先生の人気格闘マンガ『グラップラー刃牙』シリーズについて、男同士のラブが描かれているのでは? すなわち、BL(ボーイズラブ)なのでは? と妄想して読み解いていくという奇書です。このように自由に妄想をしつつ少年マンガを読むというのは、オタク女子にとってはごく一般的な習性なのですが、私のフリーダムな感想文が、板垣恵介先生から許可を頂いて商業書籍として出版できたのは、出版業界でもかなり異例なことだと思います。板垣先生、刃牙さん、ありがとうございます。

 その後、「この本を原案としてドラマ化したい」という企画書を頂戴したわけですが、奇書を堂々と出版した私の目から見ても、ドラマ化という発想があまりにも奇怪で、最初は「騙されているのでは?」と思いました。しかし意外にも私を騙そうとする陰謀ではなく、まじめな企画だったので、「わたしは一向にかまわんッッ」とお返事しました。

 主演が演技派として高名な松本穂香さんに決まったときは、非常に嬉しく思いました。このドラマのヒロインは私自身ではないので、年齢も経歴も性格も私とは違うのですが、ある意味で「私を擬人化したら松本穂香さんになる」ということですよね。たいへん光栄に思っています。ドラマ化については、制作チームを信頼して何もかもお任せしています。『グラップラー刃牙』シリーズのファンも、妄想なら我にも語らせろというオタク女子も、松本穂香さんのファンも、それぞれに楽しんでいただけると思います。


主演・松本穂香さん

 初めて題名を聞いた時、「何が何?」と理解が追いつかず笑ってしまったのを覚えています。

 題名から面白い予感が滲み出ているし、監督は山岸聖太さんだし、、、これは絶対面白い!! とワクワクしたのを覚えています。

 いざ頂いた脚本を読んでみると、すごくしっちゃかめっちゃかな世界観! いい意味です。BL好きな乙女の頭の中を具現化すると、こんなにもカラフルな世界になるのだなぁと楽しい気持ちになりつつ、その膨大なセリフ量に圧倒されました。大変な撮影ではありましたが、とにかく楽しかったです! 刃牙ファンの方も、刃牙初心者の方も、楽しんで頂ける内容になっているかと思います。ぜひお楽しみに。


関連情報

原案:金田淳子「『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ」(河出書房新社)

監督:山岸聖太

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)

主演:松本穂香

音楽:王舟

制作協力:日活

制作プロダクション:ジャンゴフィルム

企画協力:秋田書店

製作:「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」