ニュース
» 2021年05月22日 12時00分 公開

【漫画】生徒との“交換ノート”は面白くない方がいい? 教育実習で身を持って感じた「担任の配慮」にはっとさせられる(1/2 ページ)

教育実習で起こった印象的なできごと、先生を漫画に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 教育実習で担任の先生に注意されたけれど、その裏にはある配慮が――漫画家の秋野ひろ(@16_akino)さんが実体験を描いた漫画が大きな反響を呼んでいます。


交換ノート 教育実習で注意されてモヤモヤ

 秋野さんが教育実習に行った中学校では「交換ノート」が行われていました。生徒は終わりの会の間に先生へのメッセージを書き、秋野さんは放課後に返事を書いていました。


交換ノート 交換ノートで生徒の心をつかんだと喜ぶ秋野さんでしたが……

 秋野さんの回答はイラスト付きだったり、笑いの要素があったりと生徒に大人気。ノートの見せ合いで、終わりの会がザワついてしまうほどです。喜ぶ秋野さんですが、担任の先生に「面白い感じではやらない方がいいかもねぇ」「ザワザワしちゃうと……」と苦言を呈されてしまいました。

 秋野さんはそんな先生の言葉に納得できませんでしたが、なかなか真意を聞くことができません。教育実習の最終週、秋野さんは振り返りの面談で、交換ノートのことを気にしながら、「先生の生徒指導の目的って何ですか?」と担任に質問します。


交換ノート 秋野さんの「先生の生徒指導の目的って何ですか?」という問いに先生はこう答えます

 すると、先生は生徒指導で一番大切にしているのは「(生徒に)死んでほしくないこと」だと答えました。いじめや悩み事など、どんな内容でも交換ノートに安心して書けるように気をつけていたとのこと。

 先生は回収したノートを生徒だけの場に置かない、ノートを書く時間は立ち歩かないなど細かな気づかいで、「他の人に見られないもの」という安心感を作っていたと話します。ノートを面白く書くと生徒が見せあってしまい、悩み事などを書けなくなってしまう――「面白い感じではやらない方がいい」という言葉の意図に秋野さんは気づくのでした。

 先生の、生徒のもしもにいち早く気づくための配慮と、命を守るという責任感。漫画を読んで、生徒への思いや気づかいに感動した人が多くいました。疑問に思ったことをそのままにせず、明らかにできた作者に感心したというコメントも。

 秋野さんは教育実習中の他のエピソードや、青春もの、日常系の創作など幅広い題材で漫画を描いています。

 

  

作品提供:秋野 ひろ / マンガ家(@16_akino)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」