ニュース
» 2021年05月22日 12時15分 公開

「蚊取り線香つけておきました〜!」→蚊への殺意がすごい結果に ダイナミックすぎる焚き方が反響呼ぶ(1/2 ページ)

ひとまず蚊の心配はなくなりそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 部屋が煙まみれになりそうなほどダイナミックな蚊取り線香の焚き方が迫力にあふれていて、驚きがありつつも試してみたくなります。

「蚊取り線香おねがい」→室内が煙りまみれに ダイナミックすぎる焚き方で蚊が寄りつかなくなりそう 攻撃力がすごそう

 蚊がいたので蚊取り線香を焚いたと、スタッフから報告を受けたまる(@maru20159863)さんの投稿。昔ながらの渦巻き型で、火をつけると煙が出るタイプの蚊取り線香です。

 着火してもらった蚊取り線香を見て、まるさんは驚きました。2枚に切り離して使うところ、2枚重なったままで、煙は先端からではなく円の端全体から立ち上っていたのです。

 焚いてくれたスタッフはどうやら蚊取り線香を使ったことがなかったらしく、コンロを使って一気に着火したそうです。Twitterにはダイナミックな使い方に驚く声や、蚊取り線香を使ったことのない世代へのジェネレーションギャップを感じる声が寄せられました。

 なお蚊が大量に発生している状況や屋外で使う場合などは、同じような焚き方でたくさん煙を発生させて蚊を避ける人もいるようです。実は玄人な使い方なのかもしれません。

画像提供:まる(@maru20159863)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」