ニュース
» 2021年05月24日 17時00分 公開

「見守る」ことは「甘やかさず追いつめない」こと 失業した彼氏の応援方法を考える漫画(1/2 ページ)

楽な方に流されがちな彼にやる気を起こさせる方法とは。

[漫画:後藤羽矢子 紹介文:きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 学校では教えてくれない質問に阿須名久美(アスクミ)先生がズバリ答えてくれる漫画『アスクミ先生に聞いてみた』(作:後藤羽矢子)。今月は、彼氏のニート化が心配な友人からの相談に、アスクミ先生が「見守ること」について教えてくれます。

無職 恒常性
漫画をまとめて読む

彼氏ニート化阻止計画

 友人の間(はざま)さんの彼氏は1年前に仕事をやめて以降、一度は就職したもののまた辞めてしまい、それからはずっと仕事をしていません。最近は間さんにお金をせびるようにもなり、このまま「ヒモニート」になってしまうのではないかと心配しています。

 有名人の美談などでありがちな「仕事がない時も妻が支えてくれた」といったスタンスで見守るべきかと悩みますが、アスクミ先生は「めったにないから美談なのよね」と、あまりオススメしません。

無職 恒常性
無職 恒常性

 相談に乗るうち、アスクミ先生は生物の持つ性質の1つ、〈恒常性〉を例に挙げます。恒常性とは体が一定の状態を保とうとする性質のことで、ダイエット時に身体が一度慣れてしまった太った状態にリバウンドしようとするのもこのためです。

 心も同様で、仕事をしているのが通常だったころには、彼氏もすぐに次の仕事を見つけられましたが、働かない時期が長くなると働かないことが普通になってきてしまいます。そのため、無職の状態が長引くと就職しても無職に戻ろうとしてしまい、下手すると完全ニートになってしまうかも? というのがアスクミ先生の分析。もちろん休んだ分、そのエネルギーをバネにできる人もいますが。

無職 恒常性

 そこでアスクミ先生は、まずは「何かねだられても、きっぱり断ること」を提案します。ただし、そこで「いつまでブラブラしてんの?」などと言って追い詰めてしまうと、「いい仕事がないんだよ」「最近体調も悪い」などの言い訳の余地を生んでしまいかねません。

無職 恒常性

 そのため、何かをねだられても「私もいまお金ないんだわ」といった感じで、自分の状況を理由に断ること。さらに「働いてお金入ったらさ――ステーキ一緒に行こうよ」というような、楽しい未来を提示してみるのはどうかと提案。「『見守る』ってことは 甘やかさず追いつめないことだと思うの」と、アスクミ先生は言います。

無職 恒常性

 1カ月後、なんと彼氏さんは仕事を見つけたそうです。その原動力とは、好きなアニメの聖地巡礼の軍資金のため。オタ活への恒常性が、無職の恒常性に勝ったのでした……!


 『アスクミ先生に聞いてみた』は、4月27日発売の『まんがライフ』6月号で最終回を迎えました。最終第3巻は5月27日発売予定。名残惜しいですが、アスクミ先生のお悩み相談ともこれでお別れ……とおもいきや、続編シリーズ『もっとアスクミ先生に聞いてみた』が「ブックパス」で移籍連載決定! 「ねとらぼ」での記事連載もまだまだ続く予定なので、これからもよろしくお願いします。 

(C)後藤羽矢子/竹書房


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10