ニュース
» 2021年05月25日 21時30分 公開

アンティークな歯車ギミックがたまらない! カギを回すと動き出す「歯車のオルゴール」がステキ(1/2 ページ)

作者のここたねさんに作品について詳しく聞いてみました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ロマンあふれるギミックを詰め込んだ歯車のオルゴールがTwitterで「すてきすぎる」「ドキドキとワクワクが止まらない」と感動を呼んでいます。

歯車 オルゴール ハンドメイド 手作り アクセサリー 作品 美しくもかっこいい歯車のパーツを……

 おしゃれな雰囲気が漂う歯車。それを小さな箱型の本体に、歯車がかみ合うようにはめ込んでいきます。この時点で、ファンタジー世界のアイテムのようなビジュアルにときめきますが、箱の右下には小さな鍵穴が……?

歯車 オルゴール ハンドメイド 手作り アクセサリー 作品 ほどよいサイズ感の本体にはめ込みます

 カギを差し込んでひねると、なんとオルゴールの音とともに全ての歯車が回り始めます(!)。それは機械仕掛けでも魔法のような光景で、見る者を一瞬で夢の世界へと連れて行ってくれます。終始すてきで何度も見てしまう……。

歯車 オルゴール ハンドメイド 手作り アクセサリー 作品 小さいカギを差して回すと
歯車 オルゴール ハンドメイド 手作り アクセサリー 作品 全部の歯車が回って音楽が鳴り出します。世界観がすてき……!

 さらに、はめ込む歯車は単なるパーツではなく、単体のアクセサリーとしても楽しめます。歯車部分がネックレストップ、そして鍵はそのネックレスのチャームになっていて、そのままネックレスとして身につけることができるというわけです。

 作者は、今回のような手作りのオルゴールやアクセサリーを制作している「ここたね」(こころのたね/@cocolonetco)さん。東京・蒲田で20年ほど写真店を営み、7年ほど前から実家の事情により愛知県で活動しています。

 Twitterで8万いいねを集め、国内外から「素晴らしい」「とてもかっこいい!」「欲しい」の声が寄せられた“歯車のオルゴール”について、ここたねさんに詳しく聞いてみました。



――歯車の材質と、切り抜いた方法を教えてください。

ここたね 主な材料・材質はMDF(中密度繊維板)の2.5ミリ、歯車は裏側の1個はアクリルの2ミリ、他は全てMDFです。切り抜き方法はレーザーでの切り抜きになります。機材は「FABOOL Laser Mini」です。

――アンティークのような質感がすてきですが、こうした色味はどのように出しているのでしょうか?

ここたね  うれしいお言葉をありがとうございます。質感は切り出して、そのままの色味になります。アンティークのような質感は早い話が(レーザーの)焦げと煙の色ですね。焦げた香りも最高なんですよ。

――できたての香りまで楽しめるのは作り手の特権ですね……! 内部のオルゴールは市販品ですか?

ここたね オルゴールモジュールは市販品です。型番は、日本電産サンキョーの18弁タイプの「3S(ミニチュア)」という商品になるかと思います。俗に「縦軸タイプ」といわれるもので、小型ですが18弁(※振動板の弁数で、18弁は曲数も多くスタンダードなタイプ)を備えてます。私が知る限り、一般品としては最も小型で扱っているオルゴール館はかなり少ないですが、入手は可能です。


――制作過程のツイートを拝見していて、「今の材料とか(自身の)技術ではこのサイズでほぼほぼ目いっぱい」という投稿が印象的でした。組み上げる上で特に難しかった点、こだわった点がございましたら教えてください。

ここたね 今回の作品の組み上げで目指したのは、「このサイズで最も多くの歯車を良い感じで入れる」ことでした。多くの歯車を入れるために5層になっており、ほとんど1軸に対し2個の歯車を装着しなくてはいけないので、詳しく説明すると長くなりますが、簡単に言うと「段取りの把握」が大変でした。

 段取りを間違えると、とても面倒な修正が必要になります。面倒な作業が挟まると、精度を損なうことにつながります。いかにシンプルにするかが大切で、「初心者にもできる方法は、熟練者にとっても目指す方法」だと私は思っています。

 こだわった点としては、やはり「メンテナンスをどうするか?」です。私は芸術家ではなく、多くの作品は販売して、お迎えしていただいた方の生活の一部として楽しんでいただきたいと思っています。その場合、破損は必ず起きるものと思っています。破損した場合は分解しなくてはいけません。それを考えたとき、この狭い実装面積の5層構造はネックになります。

 それをどうやって解決したかの説明は、これもまた長くなりますので、今後のコロナ禍の状況次第ではありますが、ぜひイベントに来てください。実物を触って頂きながら、喜々としてご説明差し上げますので(笑)。




 ここたねさんは、同じくアクセサリー等を制作している「るりいろ」(じゅんこ/@ruri_chun)さんと一緒にアートイベントに出展・作品を販売しています。また、未定ではありますが通販も考えているとのことで、興味がある方はTwitterをフォローしておくといいでしょう。


 ちなみに、ここたねさんは「機材等々、おおむね簡単に手に入るものばかりなので、手先が多少器用で、そこそこの根気のある方でしたら作ることが可能かと思います」とも。ここまでの作品を生み出すのは容易ではなさそうですが、興味がある人は思い切って自分で作ってみるのも楽しそうです。

 ここたねさんは他にも制作過程を多数公開中。作品が出来上がっていく様子がうかがえて、こちらも興味深いです。

画像提供:ここたね(こころのたね/@cocolonetco)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」