ニュース
» 2021年05月28日 21時00分 公開

成績を上げてもらうため音楽教師に直談判したら…… お腹の底から歌う漫画に「青春……!」「さわやかで面白い」の声(1/2 ページ)

なんだかいい経験。

[林美由紀,ねとらぼ]

 高校の推薦試験を控えた中学生が、音楽の成績を上げてもらうために女性教師に直談判しに行く話を描いた漫画「4でもいい」がなんともすがすがしい読後感にさせられます。作者は漫画家の大類浩平(@woodbeeee)さん。

漫画をまとめて読む
4でもいい29

 難関高校の推薦試験を控えた中学3年生の傘原君。オール5を目指して必死に勉強してきた彼の成績は音楽と体育をのぞいては「5」ばかりでした。都立の入試では実技科目の内申点を2倍にして計算するため、少しの差が受験を大きく左右してしまうもの。そこで傘原君は、音楽の成績がなぜ「3」なのかと音楽の汐谷先生に聞きに行くことにしました。

4でもいい30
4でもいい31

 傘原君は、リコーダーもミスなくできたし、筆記試験でも80点以上取ったので成績は少なくとも「4」が妥当ではないかと訴えます。ですが先生は成績資料を確認しつつ、非情にもやはり「3」が妥当だと伝えます。

 傘原君が「リコーダーも筆記もできたのに!?」と食い下がると、先生は「傘原君は声が小さい」のだと指摘。大きな声で歌わない生徒に4以上の成績はあげられないと言うのです。

 それでも食い下がる傘原君は、思春期に同級生の前で歌なんて歌えないということ、また自分が成績のために青春もなげうって真面目にコツコツやってきたことを再三訴えます。そんな傘原君に、先生が問いかけます。「傘原くん、もう1回歌う?」。

4でもいい32

 音楽室に連れていかれた傘原君が、お腹の底から歌った先に得たものとは……? 先生の真意や、「4でもいい」の作品タイトルの意味については、ぜひ作品を最後まで読んで感じ取ってください。なるほど、これも青春! というすがすがしい読後感が待っているはず。

 Twitterでは読者から「なんだろ、、、面白い!」「さわやーか」「めちゃくちゃおもろかった…」など作中の個性的な雰囲気や面白さに言及するコメントが多く寄せられています。

作品提供:大類浩平(@woodbeeee)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」