ニュース
» 2021年05月30日 09時00分 公開

「限界突破のフルパワー尿意」「極太の針を出すような激痛」 膀胱炎の体験を描いた漫画が想像を超えるツラさ(1/2 ページ)

気をつけねば。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「血尿は突然やってくる」と、膀胱炎の体験を描いた漫画が関心を集めています。極太の針を出すような激痛、限界突破のフルパワー尿意……と、とてもつらそうです。

血尿と痛みが……
漫画をまとめて読む

 漫画の作者でフリーイラストレーターのありめ蛍(@arime_h)さんが膀胱炎になったのは、2019年春のある日、立て込んでいた仕事がちょうど落ち着いた時期でした。

膀胱炎の体験をつづった漫画・1ページ目

膀胱炎の体験をつづった漫画・2ページ目

 9時にトイレに行くと水がピンク色に……。そこからみるみる症状が悪化。尿意が襲う頻度が増え、朝にはピンク色だった血尿は12時ごろには血の塊が混ざるほどになってしまいます。


膀胱炎の体験をつづった漫画・3ページ目

膀胱炎の体験をつづった漫画・4ページ目

 病院で膀胱炎と診断され、処方された抗生物質を飲むことで快方に向かいました。ここまでの激痛に襲われる病気とは思っていなかったそうで、「膀胱炎は想像の5億倍ツラい」と締めくくっています。

 ありめさんは、漫画内で経験から学んだことをまとめています。簡単に治る病気などと甘く見ずに気をつけたいものです。

<学んだこと>

  • 女性は膀胱炎にかかりやすい
  • 膀胱炎はぶり返しやすい
  • 疲労やストレスが溜まっているときは要注意
  • 血尿は爆裂に痛い
  • 痛みの前では人は無力、病院へすぐ行く
  • 長時間の座りっぱなしを避ける
  • 水をよく飲む

作品提供:ありめ蛍(@arime_h)さん

高橋ホイコ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」