ニュース
» 2021年06月01日 20時00分 公開

「涙が出てしまった」「刺さる」 頑張りすぎてしまう人が「頑張らない生き方」を教わる漫画がジーンとくる(1/2 ページ)

頑張り屋さんが頑張らないのは難しいのかも……。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 頑張りすぎてストレスをためてしまう、という人は少なくないはず。そんな人が「頑張らないで」と言われたら……創作漫画「がんばり屋さんと、がんばらないのが上手い人の話」が頑張り屋さんに読んでほしいと反響を呼んでいます。


がんばり屋さん 頑張らないように、と言われても……

 舞台は、健康診断時にストレス検査を実施し、一定値を超えた人は基準値に回復するまで休養させることが義務となった社会。検査で高いストレス値が出た主人公は、医師から「しばらく休養して頑張らないで下さい」と告げられます。早く回復するために、主人公は休養病棟に入院しました。


がんばり屋さん なかなか「頑張る」ことから自由になれない

 しかし、看護師に手伝いを申し出ては「がんばらないで、ここではゆっくり過ごしてね」と断られ、ストレス値もなかなか下がりません。医師からは、せっかくストレスから解放される休養病棟なのだから、頑張ろうとせず、好きなことをして過ごすよう言われてしまいます。

 病院の庭のベンチに腰掛けて、「頑張らないって難しい」と思い悩む主人公。そこへ見知らぬおじいさんがやって来て、テント張りを手伝ってほしいと頼みます。最初は驚くものの、彼女は喜んで手伝います。


がんばり屋さん なぜテント? 疑問に思いつつもお手伝い

 楽しく作業した後、おじいさんとお茶を飲みながら、「頑張らないが上手ですね」と感心する主人公。おじいさんの答えは、「貴方も今、頑張ってはおらんじゃろ」という意外なものでした。

 おじいさんは「頑張るとは、耐えながら努力すること」だと言います。今のイキイキしている主人公は、自分の居場所があってうれしかったのではないかと問いかけます。


がんばり屋さん 心の奥にあった生きづらさに触れ、彼女を救ったおじいさんの正体は?

 今まで頑張っていたのは皆に認められて、愛されたかったからであり、ストレスがたまっていたのではなく愛情が枯渇していたのだ――おじいさんの言葉に彼女の心は解きほぐされ、思わず涙ぐむのでした。

 やがて、医師からもストレス値が下がったことが認められた主人公。「頑張る」「頑張らない」という表面的なことではなく、心の奥底にあった「認められたい」「愛されたい」という気持ちに気づき、満たされた彼女の表情はすっきりとしていたのでした。

 作者は漫画家のしのと(@tnonis69)さん。頑張りすぎてしまう主人公が、心に潜む満たされなさから解放されるストーリーに、「なるほど」と納得した人や、思わず泣いてしまうほど感動した人が多数いました。

 また、認められたくて頑張るけれど疲れてしまうことや、頑張りすぎないことの難しさ、「頑張らなくてもいい」と言われると自分が必要とされていないように感じてしまう不安について語る人も。なかなか一筋縄ではいかない問題のようです。

 しのとさんはソフトテニスWeb漫画「顧問など!」をはじめ、「彼氏の応援に行ったら推し選手ができてしまった」などのテニスを題材とした漫画や、猫とのほのぼのとした日常を描く「こなつ日和」を連載中です。

作品提供:しのと(@tnonis69)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」