ニュース
» 2021年06月01日 12時30分 公開

大坂なおみ、全仏オープン棄権 うつ病公表にキング夫人、ナブラチロワらレジェンドからも反響「あなたはとても勇敢」(1/2 ページ)

取材拒否宣言が波紋を広げていました。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手が6月1日、開催中の全仏オープン2回戦棄権をSNSで発表。大会前に「アスリートのメンタルヘルスを無視している」と取材拒否を宣言し、1回戦勝利後の記者会見に出席せず、課された罰金や、大会追放もありうると今後の展開が話題になっていました。大坂選手は想定以上の騒動になったことへ戸惑いを告白し、大会や他の選手、また自身の健康のためにもここでしりぞくことが最適だと述べています。

大坂なおみ 全仏 フレンチ オープン 棄権 取材 拒否 記者会見 罰金 ストレート勝ちした1回戦後の急展開(画像は大坂なおみ公式Instagramから)

 大坂選手はグランドスラムを初制覇した2018年の全米選手権優勝以降、うつ病を患っていると公表。コート上でたびたび見せるヘッドフォンをした姿は、不安を和らげるための行為だと明かし今回の取材拒否も自分自身のメンタルを守るためだったと強調しています。ジャーナリストに謝罪しつつも、そもそも内気でメディア向きの性格ではなく取材対応がストレスだったとつづっています。

 大坂選手はInstagramから取材拒否声明を削除し、タイミングを誤りメッセージも明確ではなかったと一部の非を認めています。また大会運営側へ、文書で謝罪したと公表。一方で現状の取材対応制度は「時代遅れ」と批判し、その点に注目してほしかったと強調しています。しばらくは休養期間に入るとしつつ、今後は選手とメディアだけでなく、ファンを含めた全ての人が満足できる形を模索していきたいと意欲を示しました。


 大坂選手の声明には多くの反響が寄せられており、本人が敬愛するビーナス・ウィリアムズ選手は「あなたを誇りに思う。ゆっくり休んで」とコメント。次世代トップと目される若手ココ・ガウフ選手も「強くあり続けて。心の弱さも含めてあなたを称賛します」と先輩を鼓舞しています。第4シードで出場する強敵ソフィア・ケニン選手は「彼女の選択、やっていることを尊重する。多くはコメントしないけれど、誰にでも葛藤している問題がある」と述べました。

大坂なおみ 全仏 フレンチ オープン 棄権 取材 拒否 記者会見 罰金 ヘッドフォンをしてコートに立つ大坂選手(画像は大坂なおみ公式Instagramから)

 また1970年代に活躍した元トップ選手マルチナ・ナブラチロワもTwitterで「アスリートとして、私たちは身体のケアについては教わるけれど、もしかするとメンタルは軽視されていたかも。記者会見をやるやらないのでは問題ではない」と自身の見解を投稿。同じく1960年代から80年代まで活躍した往年の名選手ビリー・ジーン・キングは「うつとの戦いを公表するとは、とても勇敢なこと」とし、大坂選手の健康を気遣いました。


 大会を主催する仏テニス協会のギルズ・モレトン会長は公式サイトで「大坂選手の棄権をとても悲しく、残念に思う。早期の回復と、来年の出場を願っている」とのコメントを発表。加えて四大大会、女子テニス協会、男子プロテニス協会、国際テニス連盟同様に、選手の健康は過去から今に至るまで改善へと取り組んでいる重要な事項であり、今後も努力し続けると強調しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」