ニュース
» 2021年06月03日 07時30分 公開

「俺ら漫画の中のキャラクターだし」 主人公に「作中の人物」の自覚があるメタ漫画がじわじわくる(1/2 ページ)

漫画だから作者の裁量で何でもできる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 主人公の最上(もがみ)だけが、「自分はこの漫画に出ている登場人物」だと知っている、メタフィクション漫画が不思議な味わいです。作者は漫画家の松木いっか(@IKKA_neko)さん。


アイキャッチ 最上だけが「第四の壁」を見透かし、“こっち”の世界を意識して動く【漫画を先に読む
漫画をまとめて読む

 川辺でのんびりダベって過ごす最上。隣では友人の伊達(だて)が漫画に憧れて、「転生してぇ〜〜〜〜!」などと騒いでいます。


1-1

1-2

 「転生なんかする必要ないだろ」と素っ気なく返事をすると、最上は急に我々読者を指さします。「だってそもそも俺ら漫画の中のキャラクターだし」と。さらには「ほら、俺らのこと見てる人いるだろ」と、唐突に世界の理(ことわり)をバラし始めました。こっち見んなし。


1-3

 「うそだぁ景色とかすげぇリアルだぜ」と反論されれば「写真(を取り込んだ背景)」、「なんで俺は漫画だと気付けないんだ」と聞かれれば「だって伊達はそういうキャラって設定だもん」と、伊達の疑問に答える最上。漫画は自由だから、さっき望んだ転生だって、なりたいものを言えば“次のページ”で叶えられると言い出します。


1-4

 最上のペースにのせられて、伊達は困惑しつつも「なんか火ぃ吹くかっけぇドラゴン」を希望しますが、次のページでも元のまま。どうやら、作者がドラゴンは苦手で描けなかったようです。確かに漫画は自由――ただし作者の力量の範囲内で。

 軽妙な掛け合いも楽しいこのメタ漫画は、好評を受けてシリーズ化し、松木さんのTwitterアカウント上で、これまでに3話分が掲載されています。「これから始まる漫画の作業時間」を予想したり、女子の髪色をスクリーントーンの濃度で言い表したり、最上は相変わらず身もフタもないことばかり言っていますが、なんだかモテています。主人公補正かな。

作品提供:松木いっか(@IKKA_neko)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する