ニュース
» 2021年06月04日 20時00分 公開

後ろ足麻痺の子猫を保護、シャーと威嚇していたが…… 保護主の愛と努力で歩けるようになった猫ちゃんに感動(1/2 ページ)

奇跡的な回復です。

[k村,ねとらぼ]

 米・カリフォルニア州の都市、サンバーナーディーノで後ろ足が麻痺していた子猫を保護。保護主たちの愛情と努力で元気を取り戻す猫ちゃんの動画がYouTubeに投稿されています。動画には「素晴らしい」「涙が出た」と感動した人からのコメントが寄せられています。

 排水処理用の穴の中、汚水につかっているところを発見された子猫。べとべとに汚れてやせ細っており、「シャー!」と激しく抵抗していました。エサでつりなんとか子猫を捕獲した、猫の保護活動を行う非営利団体「CATS OF SAN BERNARDINO」のスタッフは、すぐに動物病院へ。子猫の後ろ足は2本とも麻痺しており、獣医師に「おそらく(後ろ足が)歩けるようにはならないだろう」と告げられてしまいます。

 動物病院に到着しても恐怖心から威嚇を続けていた子猫ですが、痛み止めを飲んで落ち着き、お風呂で汚れを落とされたころから安心したのか、少しずつ体を預けるように。

 保護団体は子猫に「Bastet(バステト)」と名付け、一緒に暮らし始めました。スタッフたちはバステトが少しでも早く人間に慣れるように、キャリーに入れたり、抱っこしたりと、できる限り触れ合うようにして過ごします。すると、徐々に人懐っこく穏やかな表情になっていくバステト。ついには人間と寄り添って眠れるようになりました。

ALT シャー! と威嚇していたが

ALT 穏やかな表情に

 獣医師に「回復の見込みはない」と言われたものの、スタッフたちはバステトの麻痺した後ろ足のリハビリをスタート。ストレッチやエクササイズになるように、後ろ足を優しく持ち上げ、伸ばしていく。そんな動作を根気よく続けていったのです。すると少しずつ、動かなかった後ろ足に変化がみられるようになりました。

 足を曲げられるようになったバステトを見て、すぐさま立ち上がれるようサポートを開始。歩行用ハーネスを用意して練習を続けたところ、ある朝……。スタッフが見つけたのは、バステトが補助無しで立ち上がり、ごはんを食べている姿だったのです。

 その日からバステトは少しずつ歩けるようになり、後ろ足の麻痺はどんどんよくなっていったとのこと。動画の最後には、元気に歩き回り、ジャンプする姿が映っています。保護主たちの愛情と努力、そして何よりバステト自身の努力が実を結んだ、奇跡のような復活のエピソードでした。 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10