ニュース
» 2021年06月04日 11時29分 公開

カップヌードルがフタ止めシールを廃止し開け口が“2つ”に 6月から順次切り替え(1/2 ページ)

シールなしでもしっかり止められるようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 日清食品が6月4日、「カップヌードル」のフタ止めシールを廃止すると発表しました。その代わりにフタの開け口が2つになった“Wタブ”を採用し、シールなしでもフタを止められるようになるとのこと。その発想はなかった。


日清食品 カップヌードル フタ止めシール 廃止 Wタブ 変更後のパッケージ

日清食品 カップヌードル フタ止めシール 廃止 Wタブ 新旧比較

 フタ止めシールの廃止により、年間33トンのプラスチック原料の使用量を削減。フタの形状を変更するのは、発売以来初となります。

 “Wタブ”パッケージへの切り替えは、2021年6月から順次開始。なお、ビッグサイズには引き続きフタ止めシールが付きます。

 カップヌードルは、2021年で発売50周年を迎えました。2019年9月からは、カップヌードルを通して、地球と人の未来のためにすべきこと、できることに今すぐ取り組んでいく「カップヌードル DO IT NOW!」プロジェクトをスタートしており、今回のフタの変更もその一環としています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10