ニュース
» 2021年06月07日 21時00分 公開

選ばれなかった「負けヒロイン」2人が旅行に行く漫画 傷ついて生まれた友情に「胸を打たれた」「幸せになってほしい」(1/2 ページ)

ハッピーエンドの反対側の物語。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 同じ男の子に恋をしたけどフラれてしまった女の子たちを主人公にした漫画「選ばれたかった少女たち」(吉良いと作/竹書房)が、新鮮な視点と切なさで話題です。ハッピーエンドの反対側の新たな物語に、胸打たれます。

失恋 ギャルゲー 傷心旅行

 1人の男の子を巡って、ラブコメのような日々を送っていた3人の女の子。楽しかった日々は、男の子が1人の女の子を選んだことで終わりを告げました。同じ部活がきっかけで好きになった夏海と、幼なじみでずっと片思いをしていた美冬は「選ばれなかった」ショックを振り切るため、以前4人で行った海の近くの温泉宿を再訪することにします。

失恋 ギャルゲー 傷心旅行 同じ男の子にフラれた女の子同士で傷心旅行に行くことに

 これまではいつも4人1組だったため、案外お互いのことをよく知らなかったことに気付く夏海と美冬。話題は自然と彼との思い出が中心になり、前回みんなで来たときにハートの貝殻を彼と見つけに行ったことや、どうして彼を好きになったのかなど、話は尽きません。

 美冬と話をしているうちに前向きになってきた夏海は、翌日近くにある縁結びの神社に行かないかと誘います。それは、失恋のつらさを一緒に乗り越えてくれた美冬には、幸せになってほしいと思ったから。しかし翌日、目が覚めると美冬の姿が消えていたのでした。果たして彼女の行方は――。

失恋 ギャルゲー 傷心旅行 ライバルから友人へ変化していく2人

 恋愛作品の多くが恋の成就を描くのに対して、いきなり「フラれた」女の子たちを主人公に据え、恋愛の切なさと新たな友情を描いたこの作品。読者からは「新鮮」「どこかで目を背けている他のヒロイン達のその後に胸を打たれました」「これから幸せになってほしい」などの反響が届いています。

 2人がこの後、どのように気持ちの整理をつけていくのか、ぜひ漫画を読んで確認してください。

失恋 ギャルゲー 傷心旅行 海へ行くと言って消えた美冬は……

 同作は「WEBコミックガンマぷらす」で読み切り掲載されたもの。掲載枠の「読み切りガンマぷらす」は反響次第では連載化の可能性もあるので、作品が刺さったという人はTwitterやサイト上のアンケートに感想を寄せると、作者・吉良いとさんの次回作の弾みになるかもしれません。

 なお吉良さんは5月16日に初の創作漫画短編集『BOX!吉良いと短編集』を個人出版で発売。電子版をAmazon.co.jpで紙版をBOOTH上で販売中です。

作品提供:吉良いと(@kilightit)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」