ニュース
» 2021年06月08日 11時55分 公開

看護情報誌の表紙イラストが「気になる」と話題 新人の成長ストーリーが見える表紙が生まれたきっかけとは

どのように成長していくのか楽しみです。

[だいごろう,ねとらぼ]

 照林社が発刊する看護専門情報誌『エキスパートナース』の物語を感じる表紙から目が離せないとTwitterで話題になっています。


『エキスパートナース』2021年4月号

 表紙に登場するのは新人看護師らしき女性のイラスト。2021年4月号は桜の花びらが散る中、緊張した面持ちで前を見据えており、その傍らでは先輩看護師が笑顔を向けているのが印象的です。


『エキスパートナース』2021年5月号

『エキスパートナース』2021年6月号

 続く5月号は患者を乗せたストレッチャーを率先して引いており、6月号では朗らかな表情で患者の話を聞く様子が描かれています。この3カ月で頼もしく成長している……!


『エキスパートナース』2021年7月号

 さらに、6月21日発売の7月号では、オンとオフをしっかり切り替え、のんびりと休日を満喫する姿が。照林社・営業部がTwitterアカウント(@shorinsha)で「自分の会社の雑誌なのに、この新人看護師がこれからどのように成長していくのか、たまらなく気になっている。」とつぶやき4月号から7月号の表紙を紹介したところ、1万いいねを超えSNS上でも注目が集まっています。


『エキスパートナース』2020年12月号

 『エキスパートナース』は2020年4月号以降、「お年寄りが乗った車いすを押す看護師」「病室でクリスマス会を楽しむ女の子」など、医療現場で実際に起こっていそうなシーンをイラストにした表紙を採用しています。思わず手に取ってみたくなる表紙はどのように生まれたのか、編集部に話を聞きました。

── 2020年4月号から物語性のあるイラストを採用したり、2020年4月号以降は同一の新人看護師が表紙に登場したりしている理由について教えてください。

編集部:2020年4月号から新井陽次郎さん(※)にイラストをご依頼しています。特集の内容に合わせて実際の看護現場をイラストにしていただき、読者である看護師の皆さんを応援したい気持ちを込めています。

※新井さんはアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」のキャラクターデザインなどを手掛けたアニメーション監督・イラストレーター

 特に2020年6月号(5月20日発売)は、新型コロナウイルスで先が見えないなかで、看護師の皆さんが最前線で立ち向かわれていることに敬意と感謝を示したいと思い、新井さんにイラストをお願いしました。とても反響の大きかったイラストです。

 また、2021年4月から続いている新人看護師を表紙にしたイラストは、担当している新井さんのアイデアです。

── ストーリーはどのように決めていますか。

編集部:編集部から「読者にどんなことを伝えたいのか」と、場面の候補をイラストの新井さんに伝え、新井さんのほうで形にしていただいています。基本的に特集の内容やその時の社会の流れ、季節と合わせて毎月の場面を考えています。毎月、編集部が想定した以上に場面が伝わるイラストにしていただいており、イラストが届くのをとても楽しみにしています。

── 読者からはどんな反響がありましたか。

編集部:「表紙のイラストが好きだ」という声をたくさんいただいています。「大変な仕事だけど、表紙の絵のように笑顔で働きたいなと思った」「仕事頑張ろうと思えた」などの声をいただいており、表紙を通して元気になってもらえているのなら、編集部の応援したい気持ちが伝わっているのかなと思い、とてもうれしいです。編集部のこうした思いを新井さんが伝わる絵にしていただき、毎月感謝の気持ちでいっぱいです。



 『エキスパートナース』2021年7月号は、医師兼漫画家の森皆ねじ子さんによる「シン・ねじ子のヒミツ手技 新型コロナワクチン副反応編」や「高齢者施設での新型コロナウイルス感染症への対応」「ナースの共感疲労解決法」などコロナ禍における医療現場の最新情報を特集しています。定価は1200円(税込)でAmazon.co.jpや楽天などで予約を受け付け中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」