ニュース
» 2021年06月09日 18時10分 公開

「飛びすぎ飛びすぎ」「飛距離エグ」 大谷翔平選手、“超特大”17号2ランホームランに世界のファン驚愕(1/2 ページ)

今シーズン16度目のマルチ安打を達成し、チームも連勝しました。

[マンティー・チダ,ねとらぼ]

 いったいどこまでオオタニさんは打球を飛ばすのでしょうか。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手は6月8日(日本時間9日)のカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席でロイヤルズ先発のクリス・ブビク投手から17号2ランホームランをかっ飛ばしました。推定距離470フィート(約143メートル)の特大弾には現地や日本国内のファンも「飛びすぎ飛びすぎ」「飛距離エグいねぇ」と驚きを隠せません。

大谷翔平 大谷翔平選手が17号2ランホームラン(画像はMLB公式YouTubeから)

 6月に入ってから、大谷選手はバッティングの調子がやや下降気味でしたが、この日はまるで溜まっていたストレスが爆発したようなフルスイングを披露します。ブビク投手の真ん中に入ってきた甘い球を見逃さずに強振すると、打球は右中間深いところへ。センターを守っていたロイヤルズのマイケル・テーラー選手はもう見上げるしかありませんでした。

 大谷選手は、打った瞬間にホームランと「確信歩き」をしながら一塁ベースへ。推定距離470フィートの特大弾は野球ファンの度肝を抜きます。これでアメリカンリーグ本塁打トップに1本差。投手としても驚愕のピッチングをする大谷選手は、打撃でも世界を驚かせています。

大谷翔平 大谷翔平選手が17号2ランホームラン(画像はロサンゼルス・エンゼルス公式Instagramから)
大谷翔平 大谷翔平選手が17号2ランホームラン(画像はロサンゼルス・エンゼルス公式Instagramから)

 この超特大弾を目の当たりにしたファンからは「これは全盛期の(バリー・)ボンズの領域」「一体どうなってるんだ」と驚きを隠せない反応や、投手としても豪快なピッチングを披露しているのも見て、「(オールスターの)ホームランダービーに出場して、彼自身が自分に投げる」といった声があがっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/24/news082.jpg 広田レオナ、肺がん手術後の激細姿に焦り「痩せないようにもっと努力します」 面やつれには不安「顔も結構ヤバい」
  2. /nl/articles/2106/24/news111.jpg 加藤貴子、義父母&実母との共同生活をスタート リノベーションに引っ越し、子どもの転園で「この半年間は怒濤」
  3. /nl/articles/2106/24/news092.jpg 伊藤かずえ、愛車「初代シーマ」と約1カ月ぶりの再会 バラバラな姿に戸惑いも「こんな形のシーマを見るなんて」
  4. /nl/articles/2106/23/news136.jpg 整形男子・アレン、500万円かけた差し歯に深刻なトラブル 「放心状態です」「高額な費用が掛かってくる」
  5. /nl/articles/2106/23/news011.jpg 大きな馬の顔からひょっこりのぞいているのは…… やんちゃな子猫をかばう優しい馬の光景に癒やされる
  6. /nl/articles/2106/23/news036.jpg 数年ぶりに「ポケGO」再開したら神ゲーになってた 復帰組による布教漫画に「やりたくなった」「私も再開した」
  7. /nl/articles/2106/24/news088.jpg 南明奈と濱口優、約2週間ぶりにインスタ更新 「しっかりご飯食べてしっかり寝て元気です」「夫婦で笑顔で過ごそうと思います」
  8. /nl/articles/2106/23/news129.jpg 【そんなことある?】お腹が出てきたので検査したら「まぁ脂肪ですね」「ただそれとは関係ないけど妊娠してますね」と言われた話
  9. /nl/articles/2106/24/news077.jpg その日、人類は思い出した 石川佳純、“4メートル級”ビッグ佳純遭遇時のビックリ顔がとてもリアル
  10. /nl/articles/2106/24/news021.jpg 母を見て“こんな大人にはならない”と決意→自分が母になり…… 母にどんどん似てくる漫画にうなずきが止まらない

先月の総合アクセスTOP10