ニュース
» 2021年06月10日 12時00分 公開

サメがクソみたいなCGで襲ってくる映画「BAD CGI SHARKS 電脳鮫」 映画祭で上映拒否されまくった怪作、堂々配信開始(1/3 ページ)

コペルニクス的発想のサメ映画。

[サメ映画ルーキー,ねとらぼ]

 サメ映画には“チープなCG”が付き物である。サメ映画がそうなってしまった原因の大部分は「シャークネード」を世に送り出したアサイラム社にあるのだが、そのアサイラム生誕の地・カリフォルニア州バーバンクから「クソCG」を逆手に取ったサメ映画「BAD CGI SHARKS 電脳鮫」が日本にやってくる。本作のバイヤー兼日本語字幕を担当した者として、この作品をダイレクト・マーケティングさせてもらおう。

ジャケットデザイン:ヨロコヴ(@yorokovu0721
予告編製作:すくいど(@lycanroc721

 あらすじはこうだ。

夢見がちな兄ジェイソンは、子供時代に兄弟で執筆したサメ映画の脚本を携え、仲たがいしていた弟マシューのもとを訪ねる。しかしとある不思議な魔法の力で彼らの脚本が現実化してしまい、本当にサメに襲われてしまう事態に。「サメ映画のお約束」が次々と兄弟に降りかかる一方、ネット経由で知能を獲得したサイバー・ジョーズは人類に対する反逆を企てていた……!

 そう、ついに「メタ・サメ映画」がやってきたのである。アメリカ本国の配給はあの「ハウス・シャーク」の監督ロン・ボンクが社長を勤めるSRSシネマだ。……いや大丈夫だ。本作でも確かに家にサメが出るが、アレとは全然毛色が違う。だからまだブラウザバックは待ってほしい。

 監督・主演・脚本はマッテオ、ジェイソン、マシューの3人から成るチーム “MaJaMa” (アメリカの「ジモティー」的なコミュニティサイトで知り合ったとの事)で、これが初めての監督作となる。

 大のサメ映画好きである彼らはどうにかしてサメ映画を撮影したかったが、先立つものがない。サメ映画の頂点捕食者「ジョーズ」で使われた巨大なサメのロボットや、記録的大ヒットを飛ばした「MEG ザ・モンスター」のメガロドンのような精巧なCGを製作する予算は当然ながら確保出来ない。

 そこで彼らが捻り出した妙案が「クソCGのサメがそのまま現実のものとなって襲ってくる」だった、という訳である。サメ映画の長い歴史の中でなぜ誰も思いつかなかったのだろうか? 天才としか言いようがない、まさにコロンブスの卵である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」