ニュース
» 2021年06月10日 12時00分 公開

サメがクソみたいなCGで襲ってくる映画「BAD CGI SHARKS 電脳鮫」 映画祭で上映拒否されまくった怪作、堂々配信開始(2/3 ページ)

[サメ映画ルーキー,ねとらぼ]

 「BAD CGI SHARKS 電脳鮫」に登場するクソCGザメは本作をメタ・サメ映画たらしめている重要なキャラクターだ。数多のサメ映画の情報をネットで収集した彼女(多分メス)はサメ映画におけるサメの扱いに怒り狂い、サメによるサメの為のサメ革命を企てるに至る。

3DモデルのXYZ軸を露出したまま街を徘徊するサメ

 MaJaMaの3人がそれぞれ演じるキャラクターも非常に魅力的である。マッテオが演じるバーナードは映画を現実にする魔法の力を持つキーマンでありトリックスターだ。彼はわれわれ観客に「直接」語りかける、いわゆる “第四の壁” を自覚したデッドプール的存在である。

 どこまでも自分の夢を信じてやまない兄ジェイソンと夢を諦めてしまった現実主義者マシュー(実際に2人は兄弟)、そして“3人目の兄弟”であるサメのぬいぐるみチャムレー達が見せる兄弟愛にも注目してほしい。

ジャケットデザイン:ヨロコヴ(@yorokovu0721

 本作はサメ映画であるにもかかわらず、ちゃんとしたテーマがある。それは「夢と創作の力」だ。フィクションはどこまでも行ってもフィクションだが、そこからメッセージを受け取った人々は時に現実を変えるほどの力を得る。

 不幸にして人喰いザメを呼び寄せてしまう元凶となった兄弟の脚本は、ジェイソンとマシューの子ども時代の夢がたっぷりと詰まっていたからこそ強烈な力を発揮する。しかし彼らのかつての夢は今の、そしてこれからの夢へと変わっていく。

 「クオリティーなど関係ない。創造する事をためらうな」というのがぶっ飛んだサメ映画たちの重要なメッセージだと私は勝手に解釈しているが、本作はそれを最も分かりやすい形でわれわれに提示してくれているのではないかと思う。

 この作品が世に出るまでにかなりの紆余曲折があった事も知っておいてほしい。情熱に満ちたチームMaJaMaは数々の映画祭に本作を出品し、ことごとく上映を拒否された。その数は60以上に及ぶ。最終的にイギリスの国際コメディ映画祭で受賞した時は喜びもひとしおだっただろう。

 日本上陸を達成するまでにも長い道のりがあったが、それを一番待ち望んでいたのは他の誰でもない監督達である。監督の1人ジェイソンはもともと日本の怪獣映画をこよなく愛しており、日本のサメ映画ファンの層の厚さと熱量の高さも知っていた。日本配給が決まる前から日本向けのプロモ映像を作ってしまう程の気合の入り様である。

 しかし、私やSRSの社長の必死の営業努力も虚しくあらゆる日本の配給会社は全く興味を示さなかった。だが最後の最後でコンマビジョンが手を挙げてくれたのだ。サメ映画に関してはもはや「コンマビジョンしか勝たん」と言っても過言ではない状況である。

 自分の作品の一部がアダルトサイトに無断転載されているのを喜ぶような狂人達が作った狂ったサメ映画ではあるが、中身は確かだ。誰にでもオススメできるというわけではないが、アレな感じのサメ映画が好きなら本作もきっと気に入るはずである。どうかその目で彼らの大冒険の行く末を見届けてほしい。

サメ映画ルーキー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」