ニュース
» 2021年06月11日 17時57分 公開

Webブラウザ「Vivaldi」の新機能「ブラウザを燃やす」が話題に 「これだけで興味湧いた」「ネットの見すぎ防止によさそう」(1/2 ページ)

サイトをドロドロに溶かすエフェクトもあります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Webブラウザ「Vivaldi」に近ごろ追加された、カレンダー機能がすさまじいと話題です。スケジュールを入れておくと、ウインドウを燃やして予定時刻をお知らせ……サイトまで炎上しているみたいで、非常に縁起がよろしくない。

編集部でも試してみました
Vivaldi ねとらぼ大炎上(ビジュアル的な意味で)

 6月9日リリースのVer.4.0で、Vivaldiにはカレンダー機能(ベータ版)が追加されました(インストール時に「アドバンス」を選択)。書き込んだ予定の日時に通知してくれる点は普通ですが、おかしいのが通知時のエフェクト。一般的な「システム通知」や「ダイアログ」が並ぶなか、「ブラウザを燃やす」などという不穏な選択肢がまぎれ込んでいるのです。

 ブラウザを燃やしてみたくなったら、設定画面(Ctrl+F12)の「カレンダー」タブで、「通知の種類」から「燃やす」を選択。予定を入れておくと、指定時刻にウィンドウ下部が盛大に燃え上がります。

Vivaldi カレンダー設定画面下部にある「通知の種類」から「ブラウザを燃やす」を選択
Vivaldi 試しに原稿の締め切りなど設定してみました
Vivaldi 指定時刻に燃え上がるウィンドウ。ねとらぼ? 締め切り? 知らない子ですね……

 エフェクトの種類には「ブラウザを溶かす」も。設定しておくと、溶剤でもかけられたかのように、サイト表示がドロドロに崩れます。

Vivaldi ぐにゃあ……

 同機能はVivaldi愛用者のツイートから広まり、「実用性も遊び心もあってすばらしい」「使ったことないけどこれだけで興味が湧いた」「コケコッコーとかジャジャーンとか、効果音もおかしい」と話題に。ネットの見すぎを抑えるのにちょうどいいといった声もみられます。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10