ニュース
» 2021年06月14日 19時00分 公開

「音がやばい」「最高のバイクです」 とろサーモン村田の「Z550FX」ついにレストア完成 エンジン始動に感動の嵐(1/2 ページ)

こだわりまくった2人の、油臭い男の友情がちょっとかっこいいぞ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「とろサーモン」の村田秀亮さんが6月8日、自身のYouTubeチャンネル「とろサーモン村田のムラTUBE」を更新。フルレストアがいよいよ完了した愛車「Z550FX」エンジン初始動の様子を披露しました。

Z550FX 快音とともにZ550FXが復活!(とろサーモン村田のムラTUBEより、以下同)
#9 Z550FXレストア計画 『納車寸前に右手の怪我…アクセル握れず』(YouTube/とろサーモン村田のムラTUBE)

 村田さんは「これでキャンプに行きたい」とカワサキの旧車「Z550FX」を手に入れ、ガチなフルレストアを敢行することに。最初は車齢相応のボロッボロ状態でしたが、「一生乗り続ける」との意気込みでバラバラに分解し、洗って磨いて整備して塗り直して新品パーツもそろえて、鋭意作業を進めていました(関連記事)

 しかし、いよいよ完成というところで右手に全治2カ月のケガを負ってしまいます(関連記事)。作業もままならず、アクセルも握れません。ここまで来てこのままお預けもきついですが……。

 そんな悲しみの離脱から数日後、バイク店の旧車エキスパート「横兄」からレストア完成の連絡を受け、ショップを訪れた村田さん。自分でやる予定だったちょっと面倒な“磨き”などの残り仕上げ作業を、見かねた横兄さんが代わりにビシッとほぼ最後まで仕上げてくれたのです。

 愛車との久々の再会、そのビシッとほぼ完成した姿に「めちゃくちゃカッコええ!」「めっちゃ渋い!」「こんなに愛着湧くバイク今まで初めて」と大興奮。いよいよ完成です……。

 「これは村田君自身が仕上げなさい」と横兄が渡したのは、レストア作業の締めとなる「Z550FX」のエンブレム。右手が使えない村田さんを横兄がさりげなくサポートしながら、2人で位置を決めて貼り付けます。

 ピカピカのサイドカバーへZ550FXのエンブレムがキラリ。「カッケー!!」「最高じゃん」とテンション一気に爆上がり、長かったレストア作業がついに終了しました。

Z550FX 2人でエンブレムを貼って、レストアがついに完成

 「じゃまたがってよ」と横兄。満面の笑みでFXにまたがる村田さん。ケガでちょっと痛々しいながらも、オーナーによるエンジン初始動の瞬間です。きゅるる、ズルン、ドドド……。一発始動。「うーわぁ! たまらん」。グォォンとうなるエキゾーストノートがまたやる気ありまくりなサウンド……!

Z550FX ついにエンジン初始動!

 「一生モノの相手に出会えて良かった」と語る横兄。「親友みたいなもんですもんね」と村田さん。苦労したレストアを成し遂げてガッチリ握手をかわす2人。おぉぉー何か、漫画「スラムダンク」の佳境、花道流川ハイタッチのシーンを思い出してしまいました。

 どれだけ苦労したものだったのかが伺い知れる、油臭い男の友情が何だかすごくすてきです。「(右手が完治したら)毎日乗ろ!」。

Z550FX 最高のバイクが誕生

 ファンからも「音がやばい」「村田さんめっちゃいい表情してる」「カッコ良すぎるだろ〜たまらん!!!」などのコメントが多く寄せられていました。

 いいバイク、いいタイミングと情熱、そしていい人、バイク趣味は結構、熱い。愛車で駆け抜ける村田さんとZ550FXの姿が楽しみです。

(カナブンさん)

フォトギャラリー

Z550FX Z550FX Z550FX Z550FX
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」